2005年09月27日

GODSPELL

GODSPELL ゴッドスペル
作詞・作曲:スティーヴン・シュワーツ/脚本:ジョン・マイケル・テベラク/翻訳・訳詞・演出/青井陽治
ジーザス:新納慎也、ユダ:大沢樹生 他

以前から一度は観たいなと思ってた作品。時間が出来たので急遽観劇。観客参加型で、役者さんが通路を行き来することが多く、たまたま通路際の席だったのでラッキー♪

芝居全体としては無茶苦茶びみょ〜。
曲が良い。とても良い。役者は未熟な点があれど、好感は持てる。照明もキレイ。なので歌の部分は凄く楽しく見ていられる。しかし芝居の部分になると、テンポは悪いわ、ぬるいわ、寒いわ、とにかくつまんない。誰だよ、こんなひどい芝居つける演出家は。
一幕最後の曲が楽しかったので良かったけど、そうじゃなきゃ幕間に帰ってたわ…。

二幕からはいよいよ話も佳境に入り、音楽もがんがん。一幕とはうって変わって楽しかった!凄くノレる曲が多いので、カーテンコールはノリノリで終わりました。

しかし余りの演出の酷さに終演後、すぐに名前を確認。
「演出/青井陽治」
青井陽治さんといえば、今年自分が大好きだった『ナインTHE MUSICAL』の訳詩をされていたのだけど、これがヒドイ訳詩で、完璧に苦手になってしまった。

アイデアは凄く良い。実におもしろい。だけど基本的なところが蔑ろになっている。まず台詞が聞き取れない役者が多い。更に芝居部分のテンポが悪すぎ。こんなおもしろい素材を、よくここまでひどく演出できるものだ。
大沢ユダの芝居にしても、あのつまんないギャクやら小芝居、何で延々とやらせる?あんなの演出がとっとと止めさせるべきでしょ?客引いてるのが何故判らない?演出仕事しろよ。

よく新感線でじゅんさんや河野さんの小芝居をウザがる感想を見掛けるが(私は実はうるさいと思わない。うるさいな〜と感じたら、それは役者のせいじゃなく、それを許す演出家、いのうえさんの責任だと思う。)、そんなの全然オーケー、無茶苦茶おもしろいよ。大沢ユダの寒いギャク見たあとだと。

しかし大沢さん、華もあるし、全然悪い役者じゃないのになぁ…。元光GENJIの佐藤アツヒロくんが、新感線でイキイキ芝居しているのと大違いだ。

私の大好きなブログ「花がいっぱい」さんに、次回の中川晃教くんのミュージカル 「Our House」のことが載っていて、大喜びしたのだけど、よく見たら「監修・翻訳・訳詞/青井陽治」。一気に欝。まぁ大王も訳詩なので、ちょっと浮上。

『GODSPELL』は決して悪くない作品です。でも演出別の人で見たいのが本音です。
posted by 花梨 at 23:42| Comment(5) | TrackBack(1) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想を拝見して、2001年版のことを思い出しました。
悪くないけど(実際キャストは魅力的な方達ばかりでした!)何かが物足りないような
後味が残ってたことで踏み切れず、今回は見送ってしまったんです。
花梨さんの感想を読みながら、色々と考えてしまいました。
「OUR HOUSE」、大喜びしてたんですが、心配要素が出てきたような…。
しかし、やっぱり観ないではいられないというキャストですものね。
(><)
多分、チケ取りに奔走すると思います。
(^^;
Posted by midori at 2005年09月28日 14:20
こんばんは
遅まきながらTBさせていただきました。

青井陽治さん...なんともなつかしい限り。
と私は、この方はもう演出なんてしてないのかなあ?と思う程見ていませんでした。

むか〜し、初演の「真夜中のカーボーイ」(だっけ?)のころ大好きで、サインまでもらったんですけどねえ。青井さんに
変わったのでしょうねえ...。
Posted by harumichin at 2005年09月28日 18:57
余りに誤字だらけでちょっと修正。

midoriさん、いつも訪問ありがとうございます。
『GODSPELL』の感想巡りをしたのですが、どうも今回の再演はパワーダウンしたようですね。ホントに曲は大好きなのですが。
『OUR HOUSE』はG2演出、訳詞に後藤さんも加わっており、どうなるか見当つきませんが、無茶苦茶楽しみです。

harumichinさん、コメン&TBありがとうございます。
『真夜中のカーボーイ』!懐かしすぎ!私、見てないのですよ〜。気になる芝居ではあったのですが。
青井陽治さん、ミュージカルを見始めた頃はよく目にしていた名前だったのですが、いつのまにか遠ざかり…と思ったらこんな形で久々にお名前を拝見してしまいました。

ナインショックが抜けない内でしたので、青井さんの名前に自分が過剰に反応したみたいで、ちょっと反省。舞台はまず見てから、ということで、やはり『OUR HOUSE』は楽しみです。
Posted by 花梨 at 2005年09月29日 00:07
『GODSPELL』は前回の公演?(ユダが戸井勝海さん)で観たのですが、開演時間を勘違いして30分くらい遅れて着席。でも延々とキリスト教の教義的な話を会話でしていたところだったので遅れて行って正解だったと思ったくらい、1幕目は苦しかった。2幕目はよかったです。確かに曲はけっこうよかったけど、この話はやはり日本では無理じゃないかなあという印象を受けました。原作を大事にするとこうなるんじゃないかと思ってます。
『OUR HOUSE』で大胆にアレンジされるのであれば中川くんだし、一見の価値を感じます。
Posted by ぴかちゅう at 2005年09月29日 01:02
こんばんは。戸井さんのユダ、見たかったな〜!
『GODSPELL』は何度も繰り返し上演されているようですが、また違ったアプローチで見てみたい芝居です。

『OUR HOUSE』は、G2さんや後藤さんと、中川くんの組み合わせ、というだけでワクワクします。
Posted by 花梨 at 2005年10月01日 02:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ミュージカル「OUR HOUSE」
Excerpt: ミュージカル 「Our House」 来年6月に新国立劇場で主演中川晃教で上演されるそうだ。 なんでまだ、半年以上先のミュージカルを.. そんなに急いで、知ることもない! と思うけれど時間の過ぎるの..
Weblog: 花がいっぱい。
Tracked: 2005-09-28 18:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。