2005年09月26日

天保十二年に何があった?

天保で検索して来てくれる方が多くてありがたいです。再観劇したらまた感想載せます。吉原もすぐ再観劇だ。

2002年のいのうえひでのり演出版、niftyのシアターフォーラムに配役、製作発表、初演データ等詳しく載ってます。(ちなみにこちらは新感線公演ではありません。)
さすがに曲の詳細までは載ってないけど、CDには15曲。公演中に短縮されてしまった曲もあるので、CD版は結構貴重かも。作曲はお馴染み岡崎司さん。

『三人吉三巴白浪』 『天保十二年のシェイクスピア』と続けて観劇し、この時代どんなことがあったか、自分の整理のために簡単に書いてみます。間違い等あったら指摘してください。

天保十二年は西暦だと1841年
『三人吉三巴白浪』の初演は万延元年、西暦だと1860年

天保3 (1832年) 天保の大飢饉
天保12(1841年) 天保の改革
 贅沢禁止になり、江戸の遊女屋が廃止されたり、七代目団十郎が江戸追放された
 (下総あたりは江戸から流れてきた人で賑わいそうですね)
嘉永元(1848年) ペリー来航
安政5 (1858年) 安政の大獄
万延元(1860年) 桜田門外の変
慶応4 (1868年) 鳥羽伏見の戦い この年明治に元号かわる

『三人吉三』の初演って井伊大老が殺された年か!今「悪への招待状」を貸してしまったので手元に無いのだが、何月に上演されたのだろう。凄い世の中不安だよな〜。それからたった8年で明治だし。

天保12年、天保の改革というとえらい昔に思えるけど、新選組の沖田総司が天保13年生まれ。亡くなったのが慶応4年。全然昔じゃないですね。
posted by 花梨 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。