2005年09月07日

ゲキ×シネ『SHIROH』追記

「再演してほしい。じゃないと私のはらいそはこないよ。」
本日突如ゲキ×シネ『SHIROH』を再観劇した友人からのメール。転載の許可は貰ってます。『SHIROH』にはまっている人は、皆同じ気持ちだと思うぞ!

上川隆也さんの四郎について追記。
私が彼の芝居であと感心したのは、「作り物の中のリアリテイ」をしっかりと感じたこと。上川さんの四郎は、神々しさを感じたし、「神よ…」と呼びかける言葉に、とても真摯な響きを感じました。
この辺は別所さんのバルジャンで私が一番ハマった所と共通。別所さんの神への呼びかけの言葉にも、同じことを思った。

上川さんの四郎の初登場場面は、後ろから強い光をあててるのだけど(正和さま登場みたいに)、コレ、暗に『天の御子』を示しているのかな…。その後すぐ「私は天の御子ではない!」の場面だけに余計に…。
悩める主人公というのも新感線としては画期的。悩む前に戦っちゃうからな、新感線ヒーローは。

私が引っかかっているポイントは「さんちゃご、四郎さま」。リオも寿庵も同じ言葉を唱えるのだけど、「さんちゃご」という言葉にこめられた、意図が知りたい。

それにしても新感線の芝居は音楽の入り方が格好良いな〜。過去のなんちゃってミュージカル系が、実は苦手だったのだけど、他の芝居等で台詞のあとにばーんと音楽が入ったりとか、非常に格好良い。
『SHIROH』は場面の曲の繋ぎ方が好き。一幕の「なぜに奪われし光」の入り方とか、「さんじゅあんの闇市(リプライズ)」の終わり方とか。牢獄の場面の入り方も格好良かったな。
posted by 花梨 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花梨さん、こんにちは。
私もライブの舞台が観たいです。
なかなか、適切な言葉で表現できずもどかしいのですが、
拙いながら感想TBさせて頂きました。

演技という意味では、私も上川さんのスタイル凄く好きです。
「神」という言葉や主題を用いるのは、結構難しいと思うのですよね。
(テーマとしては普遍的なものなので、取り上げられがちだけど)
「神よ・・・」だの「天の御子」。ヘタすると陳腐の極みにもなりかねないし。

中川くん(なぜか彼は“くん”になってしまう・笑)は
持ち味の魅力って感じかな。

“サンチャゴ”と聞くと、元観光業者の私は(笑)、
聖ヤコブの遺骨が発見された(と言われる)スペインの巡礼地
サンチアゴ・デ・コンポステラをまず思い浮かべるけど
何か、そういうことまで考察してのネーミングなのかしら。
クリスチャンの方なら聖人名を聞けばすぐ
それに纏わる逸話や神話?、箴言等を想い浮かべるのでしょうが・・・

あ、SHIROHが上演された
2004年は「聖ヤコブ年」だったらしい。

※蛇足ながら、サンティアゴはヤコブのスペイン語読みです。

Posted by yaya at 2005年09月08日 21:19
「さんちゃご」という言葉について、舞台公演のとき、

「あなたの信じる道を進み続けてください」

と言う言葉で表現した方がいらして、すごく感動した記憶が残ってます。

そうでなくても、リオにとっても、寿庵にとっても、四郎は神以上の存在だったのでしょう。
Posted by ひろき at 2005年09月11日 01:56
yayaさんこんばんは。訪問ありがとうございます。ブログの記事、非・新感線ファンの感想として、非常に興味深く拝見しました。(衣装とか音楽とか、ファンならあの在り方が当たり前になってしまっています。)

そうなんですよね、神という言葉は(特に日本人だと)陳腐になりがちで、その辺り上川さんの演技は、実に良かったと思います。

ひろきさん、訪問ありがとうございます。実はずっとプログ読んでました(笑)。
共感出来る感想が多くて…。

> 「あなたの信じる道を進み続けてください」

おお!良い言葉ですね!
私は実はあの呼びかけは「私の信じる人」とかそういうニュアンスなのかな〜と思っていました。
想像に任す、というのが良いのかもしれませんね。
Posted by 花梨 at 2005年09月12日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。