2005年09月05日

ゲキ×シネ「SHIROH」再度観劇

帰宅しようとしたら大雨でびっくり。近所は浸水していた模様。

しかし『SHIROH』については、無茶苦茶色んな思いが溢れているわけだが、正直自分の所詮「芝居スキ、新感線スキ」の感想は、結局画一的なことしか言えない気がして…。
それよりも新感線馴れしていない友人の感想を聞くほうが楽しかったりする。

今回は料金も手頃なこともあり、普段新感線を観てない友人も誘ったが、いずれも「生の舞台がみたい」と言ってくれたのが嬉しかった。(そして上川隆也さんと秋山奈津子さんにハマる。)

同行した友人が終演後ポスターをみて、「このアッキーは観音さまというか、マリア様という感じ?」と。マリア観音だったりして。

この日は観劇前に「JCSS」のビデオを見ておく。「神の子」の使い方、比較するとおもしろい。

上川隆也さんの四郎様をみて、もちろん元々実力のある人なのだけど、例えば歌にしても凄く丁重に歌ってて、好感を持ってしまった。今更だけど本当に良い役者さんだわ〜。

あと殺陣の素晴らしさは散々言われているのだけど、私が感心したのは上川さんの立ち回りが「美しい」こと。専門的な技術は判らないけど、新感線に出た役者さんの中では、染五郎さんがさすがに(殺陣だけでなく、身のこなしすべてだが)美しかったが、それ以来かも、「綺麗だ〜」と思ったのは。

ただ染五郎・古田は、八百屋舞台、着流し、雪駄という三重苦であの膨大な殺陣をこなすわけで、ちょっと同列には語れない。(アカの副音声でその辺言及してた筈。)
当然上川さんもアクションクラブさんより、黒帯ジャージ貰ってましたね!

高橋由美子さん演じる寿庵との関係がすきでねぇ…。でもCDにはスッバリ「さんじゅあんの屋敷」の辺りが抜けてる(泣)
あとリオのことを語る四郎の場面。ここもCD未収録。「名前すら知らない」の辺りの上川さんの演技は、本当に神に懺悔をしている人のようで、鳥肌がたった。

『SHIROH』は割と今までの新感線に比べると、男女の心の揺れが描けている作品と思う。(『阿修羅城の瞳』は?と言われそうだけど、過程すっ飛ばしていきなり恋に落ちてるんだもん。)
寿庵のキャラクターは新鮮だったし、台詞がひとつひとつ心にしみる。「ただの人だからいい」とか「三日月が好き」とか「弱いあなたが好き」とか…。
四郎は自分の心に自分で枷を作ってしまってるのだけど、結局皆を率いているのはホントは四郎なんだよね…。
弱さを知っているからこそ「さんちゃご・四郎様」。だから最後に奇跡を起せたのだと思う。

一人生き残った寿庵、切なくて、辛いのだけど、最後の最後に四郎から究極の愛情を示されたわけで。残酷な結末ではあるのだけど。

みながシローの声でまるちりへと歩むなか、寿庵だけは最後まで「さんちゃご・四郎様」。
寿庵は生き残った辛さの中でも、それでも幸せと思って、琵琶を手に語っていくのかな…。
(ちょっと感傷的になってしまった(苦笑))
posted by 花梨 at 23:40| Comment(6) | TrackBack(3) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「生の舞台がみたい」と言ってくれたのが嬉しかった。
そうですよね。ゲキ×シネってそういう効果があるし、舞台を観た人にもアップやら特別編集やらで楽しめるし、なかなかいい企画ですよ。
マリア観音に見えるアッキーってあのこわ〜い写真ですか?フーム、そんなふうにも見えるかなあ、面白い発想です。
『吉原御免状』は話の内容があまり興味もてないので観る予定はなかったのですが、安いチケットがGETできれば観ようかなどという気がしてきました。
Posted by ぴかちゅう at 2005年09月06日 23:38
そうなんですよ、芝居のチケットって高いからなかなか冒険出来ないし。でもゲキ×シネは映像のクオリティも高いし、手頃な値段なので、気軽に誘って、ハメてしまえる(笑)

『吉原御免状』は原作も好きなのですが、どういう舞台になるか、予想もつかないです。
Posted by 花梨 at 2005年09月07日 01:44
>上川さんの立ち回りが「美しい」こと。専門的な技術は判らないけど

私も、“美しい”と思いました!
専門的には解かりませんが。(汗)
四郎が誠実な人だということを、上川さんの演技とも人柄とも割り切れない滲み出ていたとしか言い様のないもので納得させられた気がしました。
いつもの“オポンチ”な新感線も、演劇を楽しむことに真っ向勝負で潔くてキライではありませんが、「SHIROH」の正統派という勝負から逃げなかった潔さも、実に爽快で心地良くて、素晴らしいと思いました。
そんなこんなを、ナマで観た時に感じたなぁ…と、ゲキ×シネを観ながら思い返しました。
Posted by midori at 2005年09月07日 15:56
midoriさん訪問ありがとうございます。私もTBさせて頂きました。
上川さんの「美しい立ち回り」に同意して頂き、ありがとうございます。

そうなんですよ〜、「SHIROH」は真っ向勝負しているのですよね。私もその姿勢が大好きなんだす。
Posted by 花梨 at 2005年09月08日 00:49
祝ゲキシネ「SHIROH」大阪上映決定!!
梅田ブルク7で11月12日から23日まで毎日1回上映(19は休映)だそうです。
楽しみですね!!
Posted by TJ at 2005年10月28日 13:03
TJさん、訪問&大阪のお知らせありがとうございます。
さすがに大阪までは見にいけないのですが、やはり大スクリーンで見るのと、自宅でDVDで見るのとは違いますよね。
Posted by 花梨 at 2005年10月31日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

05/08/30 ゲキ×シネ『SHIROH』2回目行っちゃった
Excerpt: 8/26は結局ひとりで観たので、CDを一緒に聞いた娘が腰の重たい腰を上げたのに付き合うことになった。それでもなかなかぐずぐずしている娘を待ってようやく19:15〜の回を当日券で観てきた。 {/hiyo..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2005-09-06 22:46

ゲキ×シネ 第3弾 「SHIROH」
Excerpt: 第3弾にして、初めて体験した"ゲキ×シネ”。取り上げられた作品は新感線の「SHIROH」。2004年12月、帝国劇場では30年ぶりというオリジナルミュージカル。劇団が挑んだ真っ向勝負の正統派ミュージカ..
Weblog: 好きなことは止められない♪
Tracked: 2005-09-07 15:21

ゲキ×シネ『SHIROH』3
Excerpt: “3”かいっ(自主ツッコミ) 言及するのを忘れていたけど、舞台に受像機というかモニター並べる 演出って一体いつごろが発祥?誰のどの舞台だったのかしら。海外? ご存知の方教えてください〜{/hiyo_..
Weblog: ヤマトタケルの夢―市川猿之助丈の創り出す世界との邂逅―
Tracked: 2005-09-08 19:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。