2005年08月29日

納涼歌舞伎第三部『法界坊』 補足

「歌舞伎とは瑞々しいエネルギーの燃焼」といったのは猿之助さん。
野田・蜷川・串田と続いた外部演出家のタッグ、それなりにおもしろかったが、舞・から発せられるエネルギーは残念ながら物足りなかった。

『法界坊』の中村座版は未見である。とはいえ中村座には行ったことがあるので、確かにあの空間で観劇したら楽しいだろうな〜と思った。
劇場だけじゃない、劇場の外も、異空間。
コクーンもそう。劇場に入るとロビーからして異空間。客席の椅子も取っ払う。そこを役者が縦横無尽。

それをそのまま歌舞伎座に持ってきた。

客席を多用すると、まず単純に見えない。二階ですら見えない。二階も一等料金なんですけど…。

私は歌舞伎の良さは「安い席で見ても楽しめる」ことだと思う。もちろん前の席で見る方が良いに決まっているが、これが他のジャンルの芝居は、後ろにいくと歌舞伎に比べかなりがっかり度が強くなる。

串田さんは劇空間の使い方の上手い演出家だと思う。
今年2月の『コーカサスの白墨の輪』では、劇場の案内の方々にまで衣装を着せ、世田谷パブリックシアターを円形劇場にし、幕間には私たち客はグルジアワインを一部出演者と飲んだのだ。(芝居そのものよりも、こういう付随したイベントの方が楽しかった(苦笑))

その空間の使い方の上手さが、『歌舞伎座という空間』では生きてこない。歌舞伎座はそれほど特殊な場所なのだろうか?

『法界坊』は楽しい芝居だったけど、どこかに引っかかりを感じた。

冒・に「歌舞伎とは瑞々しいエネルギーの燃焼」という猿之遜さんの言葉を載せたが、勘三郎さんから発せられるオーラが最近いまひとつ。
上手くて器用な役者さんなのだから余計に残念。

それとこれは中村屋ファミリーに限ったことでしないが、悪い意味で劇団化している。
例えば橋之遜。今月のような役は良いが、色悪は合わない。でも他にファミリーの中で出来る役者がいない。

私は外部から演出家を呼ぶのは賛成です。座・というだけで、演出の才能のカケラも無い人の演出した酷い芝居を見るより、絶対良い。
それだけに演出側も役者側も安易な方向に走らず、じっくり良い芝居を作って欲しいと願うものです。

最近みた役者で自分がオーラとかパワーとかを感じるのが、ことごとく歌舞伎以外というのはちょっと悲しい。

更にひとこと追記
「古典の歌舞伎の再創造だったら、まず猿之助十八番やってくれよ。こっちのが全然おもしろいよ〜。」
posted by 花梨 at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、Keikoと申します。
seesaaの新着記事から伺いました。

おっしゃりたいことがわかりやすく伝わってきます。いつもボキャブラリーが貧困なことに悩んでいる私としましては、学ぶところ大でございます。

勘三郎さんは好きな役者の一人ですが、確かに「ファミリー」内で納まってしまっている感があり(歌舞伎の特徴のひとつですが)、勿体ないことだと思います。演出家だけでなく、門外の役者ももっと積極的に使って欲しいですね。

関西は歌舞伎興行が激減して寂しい限りです。今後はこちらのblogで欲求不満を解消させていただきます(笑)。

私は最近、seesaaにblogを立ち上げたばかりです。よろしければ遊びにいらしてください。

http://kcrendyu.seesaa.net/
Posted by Keiko at 2005年08月31日 11:29
こんばんは、Keikoさん。訪問ありがとうございます。「歌舞伎コミック連中HP」、よく見ておりました、実は(笑)。
歌舞伎の記事少なくて済みません。もっと歌舞伎の記事増やせ、と歌舞伎友達に怒られております。

しかし歌舞伎界は何で劇団スタイルなんでしょうかね?演劇界では劇団という集団は、とっくに崩壊しているというのに。

blog版「あすんでいかない?」、じっくり読ませて頂きますね。これからもよろしくお願いします。
Posted by 花梨 at 2005年09月01日 01:34
歌舞伎からミュージカルまで幅広く観ているんですね。
「法界坊」観ましたよ。
こんなこと書くと、中村屋贔屓の方に怒れそうですが
ちょっとアドリブ入れすぎてふざけているように見えてしまったのが
残念でした。

コーカサス〜行きたかったんですが…
また遊びに来ます。
Posted by fortheday at 2005年12月13日 13:21
forthedayさん、またまた訪問ありがとうございます。

「法界坊」おもしろかったけど、ちょっとこの時期の勘三郎さんの芸質に「?」を感じておりました。

今月の『松浦の太鼓』は良いみたいなので、観劇が楽しみです。
Posted by 花梨 at 2005年12月14日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。