2005年08月15日

「モーツァルト!」短感想

「モーツァルト!」 帝国劇場

8月に入りようやく再度の観劇。うーん、7月のキャストでもっと見ておけば良かったかも(苦笑)。でも「影を逃れて」は鳥肌たつな〜。(特に中川くん版ラスト。)

それにしても中川・井上、両モーツァルト。こんなに若くて凄い才能を生み出したのを、素直に喜びたい。今ウィーン版聞いてるが、遜色ないもの。(役の作り方は全然違うけど。)20年前なら考えられなかったよな〜。

中川くんは、内にある才能、押さえきれない情熱が、ほとばしるモーツァルト。
井上くんは、音楽の女神が愛した子供が、繊細な青年になったモーツァルト。
そんな印象。

次に観劇に行く時はミュージカル「モーツァルト!」ハイライト・スタジオ録音盤が出ているようなので楽しみ。今日はハンガリー版(ブタペスト版)が売り切れてた…。

「影を逃れて」が東宝HPで聞けます。


posted by 花梨 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(1) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
harumichinさんのブログの「ラ・カージュ・オ・フォール」の記事から飛んできました。岡幸二郎ザザに同意していただき、ありがとうございますm(_ _)m
しかし相手役どうしましょうかね(笑)
こちらに遊びにきたら『モーツァルト!』の記事があったので、私のブログの方からTBさせていただきます。今日、中川くんで観てきます。市村・山口さんのからみにも力を入れて観てきますね。ヴァンパイアコンビになったわけだから。うーん、来年も楽しみですね(^O^)/
Posted by ぴかちゅう at 2005年08月21日 09:28
びかちゅうさん、はじめまして。わざわざお越し頂きありがとうございます。
『モーツァルト!』、私も本日(21日)中川くんを見てました〜!。今は購入したハイライトCD堪能中です。

「ラ・カージュ・オ・フォール」実は見てないのですよ。看板の近くは通ったりしてるのに(苦笑)
岡さんザザは凄く見たいです。相手役は岡さんと身長ではる、ということで、ベッシーは如何でしょうか?ダメですかね〜?

別所さんと岡さんの組み合わせ、レミゼ見て以来凄く好きなんですよ。大阪は二人の対決が無くて残念…。
Posted by 花梨 at 2005年08月22日 02:00
別所・岡の組み合わせでレミゼの観る回数増やした覚えが私もあります。そうか〜、別所さんね!いいなあ、別所さんも岡田真澄さんのように甘い系のお顔だし、いいアイデアだと思います。
別所さん、もう少し色気が漂うようになるともっといい。女にも男にもモテる男の役だから(笑)
Posted by ぴかちゅう at 2005年08月23日 00:26
確か細川俊之氏も演じてますよね?公演中に急病で降板して、以前同じ役を演じてた岡田真澄さんが代役したエピソードを思い出しました。

「ナインTHE MUSICAL」の別所さんは、公演が進むごとに色気を増して、もうノックアウト状態でした。
なのできっと大丈夫!
Posted by 花梨 at 2005年08月23日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

05/08/07 『モーツァルト』井上芳雄ヴォルフバージョンの感想
Excerpt: 再演の『モーツァルト』を帝劇で昼の部、井上芳雄ヴォルフバージョンで観てきた。プログラムを買わなかったのが失敗。7〜8月公演だが、すでに舞台写真も入ってる。見本を見たのに前回買ったはずだからとケチ根性を..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2005-08-21 09:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。