2006年12月02日

春猿さんの情報

お友達が連絡してくれました♪

『欲9』 日本テレビ
 12/2(土) 13:30〜14:55

『踊る!さんま御殿!!』 日本テレビ
 12/12(火) 19:58〜20:54


セルリアンタワー能楽堂 正月公演
2007年1月1日 PM12:00 セルリアンタワー能楽堂(東京・渋谷)
一、長唄 勧進帳
二、長唄・舞踊 七福神
長唄 松永忠次郎 社中
囃子 田中傳左衛門・田中傳次郎 他
舞踊 市川春猿


しかしそれなりに実力も、固定客もいる、春猿さんはじめ猿之助さんのお弟子に対する、松竹の扱いにはホントに呆れる。まぁ余程魅力のある演目じゃない限り、他の芝居見てる方が楽しいから、私は歌舞伎は行かなくなったのでどうでもいいんだけど。
だって復活通し狂言!とか言っても、猿之助さんの上演していたものの方が、遥かにクオリティが高かかったし。誰か上演してくれよ、伊達十とかさぁ。
posted by 花梨 at 09:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居他・今後の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>伊達十

裏の手順リアルで知っているお弟子さんたち
(澤五郎さんとか、笑也さんとかね)
が、次世代に引き継げるうちにね。

Posted by yaya at 2006年12月03日 17:26
yayaさん、こんにちは。
yayaさんの発言を見て、かつて染五郎さんが、三国一夜物語を上演する時に、亀ちゃんらが出演していたとはいえ、早変わりの手順をよく知っている、澤五郎さん(当時はまだ笑太郎さんでした)や、故・猿十郎さんに出て貰って…みたいな事(記憶曖昧。スミマセン)を言っていたのを思い出しました。
色々裏の手順も引き継いで欲しいな〜。ホントもったいない。
そういう意味でも、海老蔵さんが四の切を上演したのは、凄く意味があったと思います。
Posted by 花梨 at 2006年12月04日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。