2006年10月28日

『ペテン師と詐欺師』 天王洲 銀河劇場

昨日の記事で、つまんないわ、金かかってないわ、安っぽいわで、1万以上取る芝居もあると書きましたが、書いた翌日にそんな芝居を見るとは(泣)帰宅して、即効メタルマクベスDVDみて口直しです。

『ペテン師と詐欺師』 天王洲 銀河劇場 (旧アートスフィア)のこけら落とし公演

大好きだった『34丁目の奇跡』を追っ払った、天下のホリプロ様のこけら落とし公演で、こんな平凡な芝居を恥ずかしくもなく上演するよな、と呆れました。しかも再演決定って…。
この芝居に関しては、私はかなり怒ってます。このブログを開設してからの、怒り狂い観劇ベスト3にランクインしてます。
芝居そのものとしては、決してダメダメという訳じゃないですよ。ただね、これだけの資金力、これだけの出演者集めて、この出来?もっと、もっと出来るでしょう?製作側は、手抜いてるのか、客なめてんのかと…。
なのでこの芝居が良かったという方は、ここで読むのを止めてください。いや、ホントのホントに、今回はぼろぼろな感想ですから。

ホリプロが劇場買いました。主演はホリプロの誇る、二大人気俳優です。演目もBWミュージカルです。
みたいな安易な姿勢が、私にはまず感じられてしまいました。しかも芝居の出来も極めて平凡ですし。せっかく良い企画なんだから、もっと客をあっと言わせる、インパクトのある作品を作って欲しかったです。

イギリス人詐欺師 ローレンス・ジェイムソン=鹿賀丈史(世慣れてダンディ)
アメリカ人ペテン師フレディ・ベンソン=市村正親(若くてちょっと野卑)


申し訳無いが、市村さんはミス・キャストでしょう?もっと若い人が演じる役だと思うのですが?しかも再演時には更に年齢上がるのに。鹿賀さんも今回が年齢的にギリギリだと思う。
鶴見さんと高田さん以外のキャスト、全部変えてくれたら再演時にみたいが、それではホリプロが成り立たない。

まず全体的に演出が垢抜けない。主演の二人の芝居がもっさりしている。だから全体通してにつまらない。演出の宮田慶子さん、『東京原子核クラブ』『サラ』等で観ていますが、特に悪い印象は無かった。ミュージカルが向かないのか?笑いだったら、『東京原子核クラブ』の小ネタの方がおもしろかったです。
過去何度も同じことを書いているけど、洒落ていて、粋なミュージカルの演出って、本当に日本人には難しい。

それと主役二人が、今回どうにもビリっとしない印象。少なくとも私の好きなお二人ではありません。特に市村さんの芝居は全然笑えませんでした。
20年くらい前はじめて市村さんのエクウスを見て、真摯な演技に子供心に大・感動したものだが、今回の市村さんには、その面影を全く感じなくて悲しかった。

それでもお二人とも元々持っている実力で何とか形にしているのが、また納得いかない…。もっと凄い俳優さんの筈なのに。

とはいえ奥菜恵さんの破壊力に比べたら、可愛いものかも。過去、キレイ、新感線作品等での好評価が、この一本で全て台無し。
私は明らかに努力をしていないと判る役者さんに、お金を払いたくはありません。あれだけ歌う役なのに、多少でも訓練したようには全く聞こえませんでした。
歌ばかりが悪く言われてる奥菜さんですが、ダンスもひどかった。リズムに乗って動くことすら出来てないんだもの。静止しようとしてぐらぐらしてるし。奥菜さんの分、お金返して欲しいです、マジで。

逆に努力のあとを凄く感じたのが高田聖子さん。かなりボイトレしたと思われます。それにボディも絞り込んで美しい!女優の鏡です。対して愛華さんはちょっと太りましたね…。
高田さんが出てくるまで退屈で寝そうでした。高田さん出てきたら、途端に主役二人の芝居もしゃっきりするし。高田さんのナンバーが一番客席もわいてたし、拍手も大きかった。

最初にも少し書きましたが、芝居そのものの出来としては、こんなに怒るほどのことは無いと思います。
ただ、こけら落としの公演で、主役に鹿賀&市村並べて、もっと、もっと素晴らしい作品になるべきなのに、極々平凡な出来。
しかも「好評につき再演」というのが、思いっきり「はぁ?」なので、必要以上に辛口です。
posted by 花梨 at 23:17| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花梨さんが「怒り狂い観劇ベスト3」に入れたというのを読んでおそるおそる千穐楽で観てきました。確かに「この二人でこの出来かい?」っておっしゃることはわかる気がしました。
ただまあ一方で、ホリプロで抱えた人材を使ってこけら落としのご祝儀公演を楽しく賑やかにというねらいとしてはこんなもんかもって思いました。
私は市村さんも鹿賀さんも劇団四季時代を知らないので若い頃の輝きの記憶はないのですが、まあこれが今のお二人の現状だと思いました。市村さんの役がミスキャストとまでは思いませんでした。まあこの作品を選んだ時の判断ということでしょう。『ダンス・オブ・ヴァンパイヤ』の老人からこの役までを演じ分けることに驚いていた友人もいましたから、そんなあたりでサプライズしていただくということもねらいかもって思いました。
再演は最低でも奥菜さんの更迭がなければいかないです。
それよりも鹿賀さんが盲腸で降板してしまって夢の共演となった『You are The Top』。市村×鹿賀の本来のキャストで観てみたいと思ってるんだけどないのかなぁ。
Posted by ぴかちゅう at 2006年11月18日 11:03
ぴかちゅうさん、こんばんは。こんなダメダメ記事にコメント頂き、ありがとうございました。
別に出来としては全然悪くないと思うのですが、チケット代と事前の期待度を考えると、
もっともっと出来るでしょう〜?という思いが強くて…。

市村さんの役、出来ればもう少し若い人で見たいのですよね。
市村さんが全然ダメという訳じゃないので。
再演は余程のご贔屓さんがキャストに入らない限り、見ないと思います。
Posted by 花梨 at 2006年11月19日 03:30
TBがうまくいかないのでシーサーブログとgooブログの相性がまた悪いのかとがっかりです。
確かに事前の期待度が高くて観劇して拍子抜けというのは辛いものがあります。こういう舞台は安くても8000円とかだし、それでがっかりとなると金返せ〜っていいたくなりますよね。歌舞伎座や新橋演舞場の3階席だとまあいいやってなりますけど(笑)
花梨さんのブログを私のブックマークに入れさせていただきました。今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
Posted by ぴかちゅう at 2006年11月19日 18:20
ぴかちゅうさん、こんばんは。
TB上手くいかないですか。seesaaからもgooにPINGが飛ばなくなりました。
ホント歌舞伎座や演舞場の三階席は金銭的にはありがたいです…。
ブックマークにウチのブログを入れて頂き、どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 花梨 at 2006年11月20日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。