2006年10月21日

獅童流森の石松 新橋演舞場

全然期待しないで行きました。脇役が良い役者さんが揃っていて、興味はありましたが、やはり食指は動かず。結局橋本じゅんさんのファンの「行こう」という強引な誘いで、観劇したい次第です。(私もじゅんさん好きだけどさぁ…。)
それが意外におもしろかったのですよね。普通にまとまった良いお芝居でした。

獅童流森の石松 詳細なストーリーは公式サイトへ

二重構造になっています。獅童さん(演出家の石井&森の石松)とじゅんさん(脚本家の松田&松五郎)のみは、現代版も過去版でも同じ人間です。

一幕の約三分の二が現代版。演出家の石井と脚本家の松田のコンビで、はじめて大きな劇場で芝居をかける。
この現代版の部分がいまひとつおもしろみがなく、「つまんないじゃないか」と来たことを、やや後悔しておりました。

獅童さんの役は芝居が上手くいかない演出家。そのイライラを周囲にぶつけるのだけど、声もかなり枯れていたし、台詞が一本調子でただ怒鳴るだけで、いただけず。
頼みのじゅんさんも病弱な役所なので、役上ハジけられない。笹野さんと日出子さんがさすがの貫禄で舞台をもたす。こんな具合の芝居が終演まで続くのかと、ちょっとうんざりしていた。

でもいよいよ石井と松田が過去に飛ばされた辺りから、俄然おもしろくなってきました。

過去では松田の病弱も何故か治り、松五郎として、石松と行動を共にしていく。当然じゅんさん出ずっぱり
じゅんさんは、主役の親友ポジションの役が実に上手い。『メタルマクベス』の初日近辺も感じたが、まだ新感線に慣れていない主役・内野さんを上手く盛り立てていた。(もちろん『噂の男』のような、狂気が全面に出る役も良いのだけど。)現代版ではいまひとつだった、獅童さんも俄然魅力的。

演出は比較的オーソドックスだが、逆に安心して見れました。幕が大漁旗だったり、休憩時のBGMが、時代劇ヒットパレードだったり、細かい所でクスっとされられる。休憩最初は「銭形平次」・「江戸を斬る」・「子連れ狼」の主題歌だった気が。そのあとは大江戸捜査網とか、「どこかで聞いたことある時代劇名曲集」のてんこ盛りでした。とても全部は判りません。

ヒットは衣装!着物のデザインがとても粋。清水次郎長が波の模様、石松、松五郎、高橋和也さん演じる小松七五郎(で役名合ってます?)は、松の柄。松五郎の妹も松だったかな?女優陣は、日出子さんの蝶が特に素敵でした! 

石松の筋は、“金毘羅参りの帰りに閻魔堂で殺される”と決まっている。何とか運命から逃れようとする石松。しかし所詮己の運命からは逃れられなくて、でもその「死」の運命に全身で立ち向かっていく姿には、少し胸が熱くなりました。

クライマックスの対決の場面は、セット・照明・殺陣、実に素晴らしかった。まぁ殺陣は長いといったら、確かに長かったけど、ハッキリ言って先月の『魔界転生』の殺陣より、何倍も格好良かったです。
獅童くん、じゅんさん、高橋和也さん、シンになる三人が動けるし、セットもシンプルだから、立ち回りが映えました。高橋和也さんの殺陣ははじめて見ましたが、さすがジャニーズ。しっかりした動きでした。

先月の話になりますが、『魔界転生』では宝蔵院に田尻さん、荒木に山本亨さんという、アクションの出来る相手役にも関わらず、ごちゃごちゃしたセットの中で立ち回りをするものだから、全く迫力が出ない。
特に森のセット、セットだけとして見たら良いけれど、あの中で宝蔵院戦わすなんて…。立ち回りの用の広いスペースを、前に取れば良いのにと、初日から思ってました。

歌舞伎風の演出も随所に有。それがセンス良く芝居に取り込まれている。特にざんばら髪に白い着物を血に染めた獅童くんの登場場面は、照明といい、文句無しに格好良かったです!
しつこすぎる程長い立ち回りですが、あの小山のような斜めなセットで戦う役者さんたちに私は大拍手でした。役者さんには苛酷な場面でしょうが、好感の持てる役者苛め。ただ不快な役者苛めの『オレステス』より全然好きです。

まぁ結局、石松は殺されてしまうのだけど、実は『森の石松』というお芝居のリハーサルでした、という結末になり、獅童さんは演出家に戻ります。おい…殺される石松にちょっとじーんとして私の感動を返してくれ(笑)

その後は何故かロックライブ。意図的なのか何なのか、演奏の出来る出演者が揃ってたのが笑えます。トランペットの笹野さん、ボーカルの日出子さんの共演は、『上海バンスキング』を見たことある人には涙ものでしょう。 多分ウェルカム上海のフレーズも吹いてくれました。
ニ,三回、しかも解散後のコクーンでしか見てない私もグッときました。隣の席のおじ様が多分自由劇場ファン?日出子さんのヴォーカルにノリノリでした。これ見れただけでも、来た甲斐あったわ〜。

前半はちょっとうんざり(特に獅童くん、高岡さんの演技にうんざり。高岡さん、キレイは良かったのになぁ。)だったけど、ノリノリで楽しんで劇場を後にした芝居でした。


posted by 花梨 at 02:21| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花梨さんの感想、お待ちしてましたよ!
眠気に打ち勝ってのレポ、お疲れ様でした。(笑)

休憩時のBGMが時代劇ヒットパレードとは、気づいてませんでした。
ってか、すぐに外に出てしまったので聞いてませんでした。(笑)
そんなトコまで凝っていたとは・・・。

>殺される石松にちょっとじーんとして・・・
同感です!(笑)
ウルウルと泣きそうになった私の涙を返せ〜って感じです。

ラストのライブは唐突だったけど、
芸達者な役者さん達のノリノリの演奏に楽しませてもらったので、
結果オーライ!って事で。(笑)
Posted by at 2006年10月22日 23:14
麗さんこんにちは。コメントありがとうございます。
開演直前が確かQUEENだったかと。
なのに休憩中は時代劇。このセンス、結構好きです(笑)

でもあのラスト(笑)運命は逃れられないけど、
石松はえらかった〜!と感動していたら…。
出かけた涙も引っ込む凄いオチでしたね。
Posted by 花梨 at 2006年10月23日 01:32
10/16に観た感想をやっと書き上げましたのでTBさせていただきましたm(_ _)m
主役はおいといて、橋本じゅん他の脇役にひかれ、3階席もとれるからと観に行ったらなかなか楽しめました。獅童と橋本じゅんってけっこういいコンビになるんじゃないかしら。全体としてもこれくらい楽しければ毎年一回くらい観てもいいかなという座組みでした。
>出かけた涙も引っ込む凄いオチ.....確かにそうですよね。ただ、あのオチがあって初めて前半のしょうもない八つ当たり場面が納得できました。映画もこういうつくりだったんでしょうね。
『朧の森に棲む鬼』も三階席でプレビューと千穐楽に観る予定です。
Posted by ぴかちゅう at 2006年10月29日 00:31
ぴかちゅうさん、こんばんは。私も今月は感想が色々滞ってます。

獅童くんとじゅんさんのコンビ、なかなか良かったですね。
じゅんさんって、主人公の親友的ポジションの役が実に上手いと思います。
今回も後ろの方で、タイタニックしたり、細かい小ネタもしてるし(笑)

じゅんさん出演のロープも楽しみです。
Posted by 花梨 at 2006年10月29日 02:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『獅童流 森の石松』@新橋演舞場
Excerpt: 何かとお騒がせ男。 中村獅童くんの、「獅童流 森の石松」観てきました。 全く期待していなかった(失礼!)ので、普通に面白かったよ。(笑) なぜこの芝居を観に行こうかと思ったか、、、 ..
Weblog: ARAIA -クローゼットより愛をこめて-
Tracked: 2006-10-22 23:05

06/10/16 最後が楽しかった 『獅童流 森の石松』
Excerpt: 2004年の中村獅童主演『丹下左膳』は観ていないが評判がけっこうよかったので今回の作品も気にはなっていた。10月は観劇予定が少なくしかも後半に集中。厚生企画で早く帰れる日があって勿体ないので急遽チケッ..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2006-10-29 00:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。