2006年09月11日

放浪記でびっくり

一度は見てみようと、森光子主演『放浪記』を帝国劇場へ観に行く。

スゴイ…帝劇超満員…。今、日本で一番お客が入っている芝居なのではないだろうか?
途中で有名なでんぐり返しのシーン、満員の観客、大喝采!これにもびっくり。
自分は前半がおもしろかった。女給さんたちの着物がみなカワイイ。

いや〜、色んな意味でカルチャーショックを受けた観劇でした。さすがにロングランしているだけあって、しっかりした作りの芝居です。でも帝劇はこの芝居には大きすぎると思う。かつて芸術座で上演していた時に見たかったなぁ。

それにしても初演以来、代役なしで、ずっと「林芙美子」を演じ続けてきた森光子さんには、敬服なんて言葉じゃ表せません。
健康に気をつけて、ちゃんと仕事しようとか、当たり前のことを思い起こさせてくれました。


posted by 花梨 at 00:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>さすがにロングランしているだけあって、しっかりした作りの芝居.....そうなんですよ。実はかなり昔にやはりNHKの芸術劇場でたまたま途中から観たのですが、驚くほど良かったんです。そして絶対一度ちゃんと観てやろうと意気込んで大枚はたいて友人と芸術座で2002年に観ました。
昨年の芸術座を閉じる時にTVで放映された録画とスペシャル番組を観て長々と感想を書いていたので『放浪記』つながりでTBさせていただきましたm(_ _)m
新しい芸術座のこけら落としでもやっていただけるんじゃないかと期待していて、その時にもう一度観ることができるといいなと思ってます。
Posted by ぴかちゅう at 2006年09月12日 02:05
ぴかちゅうさん、こんばんは!TB&コメント、ありがとうございました。
『放浪記』、芸術座でご覧になってるのですね。しかも小鹿番さんの菊田一夫で!
(私も昔、サンチョで見てます。)羨ましいです。
もう森光子さんにはただ敬服です。新しい芸術座で、再び上演されると良いですね!
Posted by 花梨 at 2006年09月13日 01:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

05/05/22 劇場への招待『放浪記』、森光子、林芙美子
Excerpt: 5/22の夜、教育テレビをつけていると「NHK映像ファイル あの人に会いたい:林芙美子」をやっていた。戦後、若い女性の質問に答える林芙美子の映像とともに、初めてご本人の声をきくことができた。ハキハキと..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2006-09-12 01:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。