2006年09月07日

スウィート・チャリティ

スウィート・チャリティ
日程: 09/05(火)〜09/17(日)
会場:ル・テアトル銀座 


二日目に観劇。全体的にまだこなれていない感じ?照明と音楽がズレたりしたのが気になりました。来週くらい観劇すると、とても楽しめそうな気がします。

とはいえ主役・チャリティの玉置成美ちゃん、ホントに18歳で初舞台?。可愛くて、チャーミングで、歌もパンチがあるし、舞台での仕草ひとつひとつをチャリティとして魅せていて、想像以上でした。
一人での芝居の部分とか、もちろんまだ間が苦しかったりもするけれど、出ずっぱりで歌って踊って、大活躍!これからが無茶苦茶楽しみ!

カズさんは、一幕はダンディな中年、二幕はイケイケの教祖様と、同じ役者が演じているとは思えない豹変っぷり。

しかしそんなカズさんのアフロも吹っ飛ばす破壊力、岡田浩暉さんだー!
何なのですか?あの人は。不思議な生き物って感じ?(年上の男性に何て言い方だ。)噂のエレベーター場面もおかしかったが、私の最大のツボはダンスシーンです。ノリノリで熱唱するカズさんよりも、浩暉さんのダンスに釘付け☆いや、ちゃんと踊ってるんですよ。でも何かイケてなくて、おかしいー!
あー、最後まで浩暉さん、サイコーでした。(ちょっと台詞がこもるけど。)

全体的には演出が微妙というか…。意気込みややりたいことは判るのだけど、いまひとつ伝わってこない。川崎悦子さん入魂の作品だから、期待してたんだけどな〜。

オープニングも蜷川さんっぽく、客席からアンサンブル登場だけど、これが全然効果的じゃない。音楽で盛り上げちゃえば良いのに。
セットも段の上の部分が、客席からだと遠すぎて、チャリティが湖に落ちてもおかしくないのは、遠くて伝わらないんだと思う。浩暉さんとの場面は、浩暉さんが頑張ってるので良いのだけどね〜。

アンサンブルもきっとレベルの高いダンスなのだろうけど、これも舞台上での配置が悪いのか、どうにも伝わらない。『OUR HOUSE』のアンサンブルの使い方、セットの動かし方、客席のノセ方が、改めて上手かったことを痛感。

客席も前方に空席があったり(招待客か?)、どうにもノリ切れない。さすがにカズさんや浩暉さんの場面は沸いたけど。開始直後が何かワクワクしないんですよね。

まぁ初日あけたばかりだし、もっと舞台と客の距離感が近くなれば、凄く楽しめると思います。こういうティストの作品は大好きなので、ぜひぜひ盛り上げて欲しい〜。


posted by 花梨 at 00:36| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「夫婦de雫」というサッポロ 雫(しずく)を応援するブログを運営しております。「スウィート・チャリティ」の記事にトラックバックさせていただきました!こちらのブログもよかったら、チェックしてくださいね。
Posted by 「夫婦de雫」事務局 at 2006年09月11日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

スウィート・チャリティ
Excerpt: ”Sweet Charity”オリジナル振付・演出=ボブ・フォッシー。台本=ニール・サイモン。作曲=サイ・コールマン。作詞=ドロシー・フィールズ。振付・演出=川崎悦子。翻訳・訳詩=黒田絵美子。美術=島..
Weblog: ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!
Tracked: 2006-09-09 13:31

まゆみ所長、切ない恋のミュージカルにウットリ またまた若がえる・・
Excerpt:  〓 銀座で雫を探すが見つからず・・どこに雫を売ってるの? 〓 夫婦ラブラブを目...
Weblog: 雫:二松まゆみプロデュース『夫婦de雫』
Tracked: 2006-09-11 23:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。