2006年08月07日

『花嫁付き添い人の秘密』感想

自分の好みかどうかという観点からいくと、とにかく好みではないを通り越して、理解不能な芝居、というか演出でした。

『花嫁付き添い人の秘密』  博品館劇場 初日に観劇

まず舞台があいて思ったこと。「セット、ださっ!」でした。
衣装は可愛かったのだけど、あの舞台セットは何だったのでしょう。お金が無いのか?お金が無くても、センス良く見せることは、可能な筈。

白の紗(?)の布をデコレーションのように飾っていたのだけど、この使い方が全てを台無しにしているというか…。
『あわれ彼女は娼婦』『血の婚礼』と、丁度白の紗の布を効果的に、美しく使用している舞台を同時期に観劇しただけに…。

全体的に垢抜けなさが付きまとう舞台なのだけど、自分は宝塚は全然見ないからよく判らないが、こういう点が特徴なのでしょうか?東宝版の『エリザベート』(小池氏演出)も似た印象。宝塚を見ない私には、とことん違和感。

肝心のそれぞれの歌ですが、これが女優さんたち、案外歌いこなせてなくて。自分が見たのは初日だったので、多分その後は公演が進めば変わっているとは思います。その中で安奈淳さんはさすがでした。

脚本の内容自体はおもしろかったと思いますが、日本版に翻訳するにあったて、もう少し日本人のお客さん向けにアレンジ出来なかったかな?とも。
男性のあっからかんとした下ネタは受け入れられるけど、女同士の生々しい下ネタ、日本人にはどうにも合わないと自分は思う。少なくとも自分はひきました。女性が大半の客層でこれはどうなのでしょう。

以上、どうにも私の好みには合わないので、ちょっと辛口になりました。申し訳ありません。でも芝居そのものとしては、まとまっていたと思います。石井一孝さんの音楽は、芝居を盛り上げてて、良かったです。


posted by 花梨 at 03:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。