2006年07月18日

子供のためのシェイクスピアカンパニー 『リチャード三世』

子供のためのシェイクスピアカンパニー 『リチャード三世』

1995年よりはじまった“子供のためのシェイクスピア”シリーズ。シェイクスピアにそれほど興味の無かった私は、今回が初見です。なので的ハズレな感想を言っているかもしれないですが、ご容赦ください。

私の観劇した日は休日ということもあり、客席は満員。もちろん普段自分が行く劇場とは、全く客層が違い若い。そんな観客が、舞台の細かなリアクションにも、声を出し笑い、感心し、この日はアフターパフォーマンストークがありましたが、ほとんどの人が残って聞いていたというだけでも、この企画が大成功しているということだと思う。

リチャード三世、正直この題材は苦手です。薔薇戦争とか、ランカスター家とか、ヨーク家とか、何度系図見ても頭ごちゃごちゃです。日本人が戦国時代のドラマとか見ても、すんなり血縁関係が判るように、きっと本場へ行けば、基礎教養レベルなのだろうな〜と思う。
呪いの言葉をまき散らすマーガッレトも、実はかつてリチャードの父を残虐に殺したとか、あとから知って、へ〜なるほどって感じの知識レベルな私。

そんな難解な芝居を、シンプルだけど、実に判りやすい脚本で、紐解いてくれる。出演者は確か10人!時には黒子のような役を演じ、何役も演じる。セットも衣装もシンプルだけど、隅々まで行き渡っているので、馴染みやすく見易い。
魂持っていかれて、以降俄然シェイクスピア作品への興味を持たせてくれた、能楽堂シリーズのような衝撃や、派手さ、目新しさは無いけど、実に良かった。(この日昼見た『東京原子核クラブ』も堅実な芝居でした。)さすが長年続いてるだけあります。
もし初めてシェイクスピア劇を見たいという人が身近にいたら、迷わずこちらの芝居を勧めます。

終演後のポストトークは松岡和子さんと、演出・主演の山崎清介さん。松岡さんの感心したポイントの幾つかが私と似た感じでした。

今回のリチャード三世は、せむしでもびっこでもなく、左手が不自由。そこに人形をはめ、腹話術のような効果。

あの人形とか、椅子の装置が特徴?実際のリチャード三世は別に容姿に対する記述は無かったとか。腹話術の効果はおもしろかった。

出演者が何役も兼ねる妙。殺した子供の霊に責められ、剣を振るうと、忠臣だったりとか。

他にも殺されたと思ったら、女装して出てきたり、一度最前列の子供が泣いたこともあったとか。

他にも色々おもしろい話が出ましたが、余り覚えてないな〜。ロビーで松岡さんを間近で見かけましたが、素敵な女性でした。

ひとつだけ残念だったこと。

選択肢が無く二階のかなりハジの席だったが、席に座ってびっくり!これが見難いのなんの…。舞台見切れるし、柱は邪魔だし、これでS席というのはちょっとひどくないですか?こんなに見切れるなら、B席料金にして欲しい…。(アンケートにも一応書きましたが。)照明の効果もさっぱりでした。グローブは一階しか座ったことが無かったのですが、二階はホント最悪でしたわ。


posted by 花梨 at 00:25| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(4) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花梨さん>
もうぅ、やっだぁ、嬉しいですぅ♪
(って、イキナリですみません)(^^;
今日、観に行きます!
ついつい読み始めてしまいましたが、後は観てからにします。
暫く、ガマンです!
(*^^*)
Posted by midori at 2006年07月18日 11:31
midoriさん、今日観劇だったのですね。
私も実は当初本日の観劇を企んでいたのですが、退社後では時間ギリギリなので、他日にした次第です。
midoriさんの感想も楽しみにしています!
Posted by 花梨 at 2006年07月19日 02:17
感想のアップをしたので、トラバさせていただきました。
アレコレ書いたら、すっごい長文になって二分割しました。
(^^;
Posted by midori at 2006年07月21日 16:12
midoriさん、こんにちは。力作感想素晴らしいです!
各役者さんが何の役だったか、いまひとつ記憶が定かでは無かったので、midoriさんの感想で、補完できました!
Posted by 花梨 at 2006年07月23日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「リチャード三世」子供のためのシェイクスピア2006年公演
Excerpt: “こどものためのシェイクスピアカンパニー” その名前に惑わされて、“子供向けでしょ…”なんてスルーしたら、後悔します!(かくいう私が、それで観劇しないでいて後悔しましたから)(爆)シェイクスピア作品..
Weblog: 好きなことは止められない♪
Tracked: 2006-07-21 14:58

「リチャード三世」子供のためのシェイクスピア2006年公演[2]
Excerpt: [1]から続きます。 役者さんの印象と総括です。
Weblog: 好きなことは止められない♪
Tracked: 2006-07-21 16:10

lancaster 時計/watch
Excerpt: ブランド時計についての書籍とブランド、ランカスターの時計を紹介するサイトです。ランカスターリの簡単な歴史、理念、製品の特徴についても概要を記してあります。
Weblog: ランカスター 時計/watch
Tracked: 2006-07-30 16:47

馬をくれ,馬を!馬のかわりにわが王国をくれてやる!
Excerpt: 8月6日(日)栗東文化芸術センターさきらで観劇原作:W.シェイクスピア,翻訳:
Weblog: 風知草
Tracked: 2006-08-11 01:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。