2006年06月19日

SHINKANSEN☆RS 『メタルマクベス』 雑感 2

大楽も終わりましたね〜。まだ大阪もありますが、東京公演中にも色々と演出が加わりましたね。
自分的に大きな変更点かな、と思うのは以下のふたつ。

◆ ローズ=林さんの強調

当初からあったのは以下の点かな?

コラーゲンの泉に飛び込み若返った林さんBが松たかこさん。(後ろの席だと松さんと気付かない可能性が。)
冒頭の林さんの台詞「昔、バンドのマネージャーをやっていた。」(冒頭すぎて話が進むと忘れてしまう。)
睡眠薬でおかしくなったローズに尻尾がはえている。(これも見逃すかも。)

段々、林さんBのリアクションが大きくなったり、ローズが赤のトレーナーを着たりしたのは、ローズ=林さんの強調したいからでしょう。
ローズがよだれかけまでしたのは、こども返りしていることの意味?ビジュアル的にはトレーナーだけの方が好きだったな。

◆ 狼の強調

グレコの館の狼のオブジェ等が、東京公演もあと少しの段階でいきなり追加されていた。
狼=王、狼の忠臣=グレコというのを鮮明にしたいのだろうが、ここは私的には結局腑に落ちなかった部分でもある。
グレコの忠誠心は、ジュニアを逃がす場面で、私には伝わってくるたのだけど。
狼の意味…強調したってことは、深い意味があるのかなぁ?

→予言の強調?でもバーナムの森の書き換えが、ずーっとスッキリしないままなので、どうしてもピンとこない。

…さらに続く


posted by 花梨 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。