2006年06月18日

メタルマクベス 17日ソワレ

新国立劇場から渋谷・青山劇場へ。もちろん『メタルマクベス』。濃い一日だ…。

『メタルマクベス』作品全体(主にバーナムの森だが)の感想はまた別途。本日の簡易感想。

松さんのランダムスター夫人が益々凄まじくなっていた!
二幕、夢遊病の場面以降、何かもう出てくるだけで、切ないまでの負のオーラが漂っていて、その存在だけで自然に涙が出た。本日の一番の感想です。以下、思いつくままに。

◆ 冒頭「キレイは汚い」で、ようやく一緒に踊るキーボードさんに注目。曲によって、踊ったり、指揮したり。オモシロイ。

◆ じゅんさん痩せた!初日辺りとは別人!太った、太った言ってゴメンナサイ。殺陣も格好良いわ〜。

「炎の報告」レスポール王、「あっぱれ、エクスプローラー」を思いっきり「ランダムスター」と唄う。(歌詞出てるし。)その後冠くん、さりげなく「逆です、王様〜♪」(だったかな?)と唄う。何て芝居心のあるボーカリストなんだ。
二幕の昭和歌謡でも拍手喝采。芝居心ありすぎ。

◆ 差し入れに松たかこ事務所に加え、クドカンからの差し入れはいつから?今日は客席にクドカンがいたから?

◆ ランディとローラーがとても仲良し。些細なところで仲良し。指きりが可愛い。(掃除をお願いする場面ね。しかも仮花道を去りながら、その小指を軽く舐めるローラ。)
しかしじゅんさん安定している。ホント舞台を支えている。

◆ どこまでいくのだ!グレコ&Jrの再会シーン!後ろのパール王のリアクションがまた笑える。

本日はとりあえずこれだけ。私の観劇はこれでラスト。楽しかった!


posted by 花梨 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。