2006年06月17日

メタルマクベスで不思議なこと

『メタルマクベス』、私の周囲でも大好評。もちろん私も大好きです。ただ今回は手持ちのチケットを増やしていない。

私は新感線だったら、音楽ものより、時代ものの方が好き。髑髏城の七人とか今でも大好き。
逆に過去のなんちゃってミュージカル路線が苦手でした。紅天狗は初演の方が好きだし、生バンド入り芝居だったら秋味が好き。

でもね、周囲の人間が怒涛のように『メタルマクベス』にのめり込んでいるのですよ。新感線苦手だったり、一公演一回で良かったぬるい新感線好きだったり、初・新感線だったり。そんな人たちが私がびっくりするくらいのハマり方。
何がこんなにも夢中にさせているのだろう…?

さて週末は『メタルマクベス』最後の観劇、そしてついついチケット増やしてしまった『OUR HOUSE』です。
(三越とか、マイケルナイマンコンサートとかの感想が滞ってる〜。)


posted by 花梨 at 02:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書き込みを読んで、思わず出てきました、アンチ新感線だったゆきと申します。わたしは内野さんが大好きなので、チケットをとって、観にいったのですが、書かれているように、いつもは一回、二回くらいみれば充分、なのに、今回は、平日でも、青山劇場に(仕事を休んででも)行きたくなってしまって、もうこらえるのが大変でした。おまけに、観劇した翌日と翌々日は、精神を病んでいる人みたいに「メタルマクベス症候群」みたいに頭がぼうっとしているし(笑)内野さん、松さん、共演者のみなさんのはかりしれぬエネルギ−みたいなものに、翻弄されています。が--っっていくところと、ラスト、しっとりと聴かせるところが、まるで逆なのに、たまらなくいいんですよね。これで、公演が終わってからも、後遺症に、悩まされるんだろうなあ、と思います。
Posted by ゆき at 2006年06月17日 11:44
ゆきさん、はじめまして。訪問とコメント、ありがとうございました。
新感線苦手という人が、何故「メタルマクベス」にはまるのか、脚本は初のクドカンですが、それだけが要因とも思えないし…。
コア・新感線ファンの友人と話していたのは、「メタルマクベス」はちょっと昔、ゴローとかを上演していた頃の作品っぽい空気があるよね、ということでした。
Posted by 花梨 at 2006年06月18日 03:21
怒涛にのめり込んでいる人間〜代表例が私?。

歌舞伎座の幕見を除いては、1ヶ月間に同じ芝居は3回観劇が限度だったので、ついに昨夜で新記録樹立です。(笑)
先週で打ち止めと公言していたのに、いきなり昨夜、現れたのでびっくりされたことでしょう・・・。

ハマる理由は自分でもよく分かりません。
新感線は、爆音とか照明とかを受け付ければ、絶対に好きだと思う、と前々から勧められていて、いつか観るんだろうな〜と予感していたのですが、大好きな内野さんが出るということで背中が押された感じがして、更に「メタルマクベス」という響きがなんか面白そう〜というノリだったのですが、気づいたら土曜日4週連続観劇に。
先週あたりから「も〜ど〜にでもして!」状態で、怒涛にはまった自分が止めらず。


Posted by まり寿々 at 2006年06月18日 17:23
怒涛にのめり込んでいる代表のまり寿々さん、こんばんは。
突然「当日券朝から並んでゲットしました」というメールが来たり、突然青山劇場で「また見に来ました〜。」と登場したり、ほんっと驚ろかせられました。
お時間ある時にでも、過去作品を見に来てください。ハマりますよ〜色々と。
Posted by 花梨 at 2006年06月19日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。