2006年05月31日

「江戸の夕映え」・・・團菊祭五月大歌舞伎

今更だが感想。今月は演舞場と歌舞伎座となかなか充実した歌舞伎月でした。私は生憎両方とも昼しか見ていないが、後日観劇した人の感想を聞くと、やはり見たかったなぁ〜と思う。

歌舞伎座は何といっても団十郎さんの復帰!で賑わっていました。

「江戸の夕映え」
歌舞伎座昼の部序幕の演目。
三之助メインの演目。前日ちょっと飲みすぎたこともあり、淡々とした演目だし、寝てしまうかも?でしたが、これが寝ている場合では無いほど、興味をひいた演目だった。
多分5月に観た歌舞伎の中で、私的には一番印象に残っている。

何といっても脚本が良い。(続きはまた明日)


posted by 花梨 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。