2006年05月14日

SHINKANSEN☆RS 『メタルマクベス』 松本公演 感想 2

(前回の分を少し手直し)

『メタルマクベス』、主要キャラクターの名前を整理してみた。

内野聖陽  :ランダムスター、マクベス内野
松たか子  :ランダムスター夫人、ローズ、林B
森山未來  :レスポールJr.、元(げん)きよし
北村有起哉 :グレコ、マクダフ北村
橋本じゅん :エクスプローラー、バンクォー橋本
高田聖子  :グレコ夫人、シマコ
粟根まこと :パール王、ナンプラー
上條恒彦  :レスポール王、元社長


左が近未来、右が80年代。
今回『マクベス』の世界を二重構造にしてるのだけど、果たして二重構造にした意味や狙いは?まだ私の中では、その部分が消化出来ていない。

二幕からの交錯の仕方は、非常におもしろいが。特にバンクォー橋本の死のあたり。次は激しいネタバレの為、反転→(しかし霊になって増殖するじゅんさん、メチャウケました。新庄の被り物パーフォーマンスみたい。)

ラストの辺りが、私はいまひとつ判りにくかった。これは東京公演ではまた見方が変わるかもしれない。

それにしても配役が上手い。一幕は内野さんの隣にじゅんさん。二幕は内野さんの対立する北村くん。二人の芝居全体における、着実なポジションが良かったです。(キャストはみんな良かった!)

ただいつもの中島脚本と違い、新感線常連メンバー(団員他、村木さんやアクションクラブの面々)すべてのキャラクターが、生かしきっているとはさすがにいえなかったけど。そうやって考えると『吉原御免状』の時の、常連メンバーのキャラの立ち方は絶妙。

まぁ私は劇団員中心で無くても全く構わない、いのうえ演出好きのファンなので、余りその辺りの感想はアテになりません。

それはにかくじゅんさんが、じゅんさんのキャラを生かした素晴らしいバンクォーなので、私はそれがかなり満足です。




posted by 花梨 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・新感線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。