2006年04月29日

『レ・ミゼラブル』 大楽 雑感 アンジョルラス編

東山立ちの話題だけではあんまりなので…。
東山くんのアンジョルラスが良いな、と思ったのはかなり遅い時期。帝劇で一度見ているが、余り感心が無かった。それが2006年梅田で余りの成長にびっくり。この時は二階で、しかも別所さんのバルジャンでは無かったので、かなり周囲に目を配る余裕があった(苦笑)。
特に「やられたー!」と思ったのが、砦での最期。引き止めるグランデールに、何もかも吹っ切れたような、明るい微笑みを見せて、そして砦を駆け上がった時。あの笑顔にやられたー!と思いました。

以来東山くんを注目すると、その動きの綺麗さ、演技の細かさに感心。東山くんはそれ程身長が無いのだけど、立ち方が常にダンサー立ち。あと背の高い人と隣になるべく並ばない。身長に無さを確実にカバー。
砦での逆さづりも、彼は足先で支えて逆さになってる?位置が多分違うと思う。
あと「One Day More」の行進のステップは、どうなっているのですか?あの華麗なステップはどうやっても真似出来ません。(いや、踊りもやっていない人に簡単に真似されたら、その方が問題。)

芝居で好きなところは、今までもたくさん挙げていたけれど、大楽でやられたー!なのは、カブローシュちゃんの死のあたり。砦のセットがまわる中、あっという間に砦を登り、外に出たカブちゃんを見守る。
そしてカブちゃんの死。盆がまわる中、天を仰ぎ悲しみを堪える姿。しかし盆が回りきったところでは、きっちりと正面に向き直り、嘆く仲間を見ている。ここは見ていて震えが走りました。

岸くんは見る機会が少なくて、ようやく日生で二回見られました。一度目は彼の初日だったせいもあるのか、背も高く、顔もよく、歌も上手く、非常にバランスが取れているなぁ、という印象。でも二度目の23日でやられたー!
昔、もの凄いレミオタの友達と話してて、日本のアンジョは戦隊もののヒーロー、赤レンジャーっぽい感じが多い(カリスマ・岡アンジョが特殊)と言っていたけど、まさに赤レンジャー!ヒーローアンジョ!(ちなみに私はテレビを余り見ないので、岸さんの過去の出演作も後から知りました。)23日に岸アンジョにやられたし、石井さんにもその前にやられた、藤岡マリウスにもやられたので、24日のマチネはマジ見たかった!会社二日も休めないから断念しましたが。

坂元アンジョは2003年から一番たくさん見ているとは思うが…。CDで聞くのは大好きなんですけどね。好きな人、ゴメン。芝居の作り方も余り好きじゃないんです。

やはりアンジョルラスに目がいかないと、学生に目がいかなくなる。私が最初に見た時は、何といっても学生たちに感動したのだから。

大楽レポ、まだ続きます…(苦笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。