2006年04月18日

『レ・ミゼラブル』 日生劇場にちょっと〜?

この話題は楽近くになったら、と思ったけど、びかちゅうさんの所で話題になっているので、ちょっと書いてみる。
マイナス要素満載なので、読みたくない人はトバしてね。
ちょっとここの所二階→GSでストレスがたまったのかもしれません。

今回帝劇で上演出来ず、日生劇場になったわけだが、かなりこの劇場変更は問題点が出たと思う。

★ バリケードで死んだ学生が、よみがえるのがバッチリ見える

2階席どころか、GSでも見えました。二階からはバリケードの上部の学生が降りていく所が、GS下手からは袖にハケる学生がかなりハッキリ見えました。

★ 装置の動く音がうるさすぎ

★ 何故背景の星が揺れる?

上記2点は何故今回だけ?セットの問題?

★ 劇中で一階の客席の扉が開くと、ロビーの明りが舞台にバッチリうつる

梅田・中日と今年見ましたが、少なくとも私はこんなストレスは感じなかったなぁ…。
ロビーのあかりについては、さすがに初日近辺より少しはマシになったけど、カーテンつけるとか、何で事前に対策出来なかったのでしょうか?初日(注:花梨の初日なので、べっしー初日です(苦笑))はホントひどかった…。

中日はキャパ的には同じくらいだし、臨場感は日生以上(最前列は目の前オケビ、足組むとオケビの壁にぶつかる。うっかりしたらハンカチとか落としそう。)なのですが、さすがスーパー歌舞伎を上演している劇場、機構の面ではほぼ問題無かったのでしょうね。(私は二階から見てないので、学生よみがりについては未確認。)

こんなストレスを抱えつつも、レミ@日生に通い続けているのは、やはり作品が好きなのでしょうね。あとはべっしーバルが大好き!なのが大きいです。(結局そこに落ち着く…)


posted by 花梨 at 00:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでもとりあげていただきまして有難うございます。文中のご紹介もあるというのにわざわざTBさせていただきましたm(_ _)m
shisoさんから以下のご指摘がありました。
>日生は激しい八百屋(舞台の傾斜)なので見えないものも見えてしまう構造ですからねー。バリケードはあの八百屋にあわせた形に造りなおしているとは思います。
これってなるほどの指摘です。照明の関係もあると思うのですが、傾斜がきつくてバリケードが斜めになっているのであれば学生がハケるのが見えやすいというのはあると思います。またshisoさんや私の推測のようにバリケードを作り直していないとしたら、通常の傾斜の舞台用につくった装置を動かすと異常音が発生する可能性が高いと思われませんか?
よろしければTB返しとこの推測へのお返事くださいませ。お待ちしております〜(^O^)/
Posted by ぴかちゅう at 2006年04月19日 00:08
ぴかちゅうさん、度々の訪問ありがとうございます。
日生確かに八百屋ですよね。一階席からは非常に見やすいです。八百屋だからか?奥行きが無いからか?舞台奥で出入りする人も、他劇場よりよく見えます。
ライティングのせいかしら?真っ暗にならないので、暗転中の大道具さんもよく見えます。
八百屋+舞台の奥行きが無い+ライティングの相乗効果?で生き返りが見えるのかなぁ?
Posted by 花梨 at 2006年04月20日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

06/04/12 初の日生劇場『レミゼ』のバリケード装置で質問?
Excerpt: 帝国劇場が4〜5月とアスベスト除去工事のために使えないため、4月『レ・ミゼラブル』は初の日生劇場での上演となった。4/3夜の部・別所バルジャン×今ジャベール初日、4/12夜の部・今井バルジャン×鈴木ジ..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2006-04-18 23:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。