2006年04月08日

レ・ミゼラブル 4/8 マチネ 感想

4/8(土) マチネ 石井バルジャン&岡ジャベール

別所さんのバルジャンに完全に魂持っていかれて以来、他バルジャンをほとんど見ないのだけど(2005年から今まで、山3.、今井1のみ)、2003年より見ていない石井さんが妙に気になり、先日のライブでとても好感度アップ♪だったので、石井さんを観劇。他キャストもかなり好みの方々が揃っていたので、とてもとても楽しみでした。

いや〜石井さんいいね!2003年より当たり前だが、全然良くなっている。キャストのバランスも凄く良い。とても楽しかった!

石井さんは前半がとにかく良いです。苛立ちと生まれ変わり。市長時代、の後悔。別所さんに夢中になってから、どうしても他のバルジャンを見ていても、「ここは別所さんだったら…」と思ってしまうのだけど、不思議とこの日はそういった思いに囚われることが少なかった。
石井さん、どうしても「歌は上手いけど、芝居はもう少し頑張って…」という印象があったのですが、やはり俳優さんはちょっと見ない間に、成長しますね。岡ジャベールとの対決も良かったです。

ただ十年後、パリ以降はどうも…。山口祐一郎さんに比べたら、遥かに年寄りを意識して演じているのだけど、「年寄りを演じている」風。
改めて別所さんの年寄りっぷりは上手いなぁ。別所バルジャンの曲がった腰、丸くなった背中がここは恋しくなった。

でも歌はもちろん上手いし、マリウスに向ける愛情も良い。
現バルの中で一番若いのだし、2003年からの驚異的に演技力がアップしているし、今後がかなり楽しみ。バルジャンだけでなく、他の舞台、他の役でもどんどん見たい。

そしてこの日、藤岡マリウスにはまった。元々声がしても良いな、とは思っていたけど、2005年時は初舞台ということもあって、プラスアルファを余り感じなかったのだけど、いや〜なんか凄く良いよ。
特に東山アンジョルラスとの組み合わせが良い!現在この二人の共演日のチケットを探しております。

東山くん、梅田で見た時よりやや歌が?でも彼のアンジョルラスの役の作り方が、私は凄く好きだ。背は決して高くないのだけど、動きがずば抜けて綺麗。
歌中心のミュージカルといえども、もちろん「目で見ている」わけだから、あの綺麗なポーズひとつで観客のアピール度が全然違う。
今日は二階席から見た為か、荷車に乗って旗を振るところのポーズ、砦での動き、ほんっと綺麗で感心した。
砦でのダッシュは早すぎて、怪我するのでは?と心配になったくらい。

あとマリウス、グランデールはじめ、他学生との絡みが良い。
今日は「共に飲もう」で三人それぞれの思いがとても伝わり、涙が出てきた。
最後の場面、グランへの笑顔が無い?と思ったら、砦に昇って旗振る前に、振り返って微笑んだ。その後の伊藤グランの反応がまた良かった〜。

短縮版になってから、学生たちの物語の部分が薄まってしまった印象があったけど、今日は濃くて良かったです。
過去岡さんのインタビューで、アンジョルラス、マリウス、グランデール、3人だけで演じる稽古があったといった内容を読んだが、この3人が関係性を濃く演じてくれないと、私はやはりつまらないな…。

感想続く
この記事へのコメント
今だ・・レミゼ模索中で観劇しています(苦笑)
ただ、相手が違うと、みなさん違うアクションをされているようで・・・とまだ、3回目観劇ゆえ、それが正しいかどうかわかりませんが、別所さんも楽しみにしています。

ただし・・・泣けずに冷静でいる自分に???
Posted by harumichin at 2006年04月09日 02:39
あああ。藤岡マリの演技力アップ&東山アンジョの動きの美しさ。花梨さんとはほんと、ツボるところが似ていて嬉しいです〜。
次観劇は中日で観て気に入った岡田マリと久しぶりの坂元アンジョなので、またワタシの中の好みの順位が変わるかどうか……楽しみです。
Posted by うり子 at 2006年04月09日 12:14
harumichinさん、こんばんは。
ブログも拝見しましたが、私も一ヶ月であのキャストの多さは?です。
別所さんのバルジャン像についても、好き・嫌いが分かれると思います。まぁ私はもうとんでもなく大好きなのですが(苦笑)

萌え仲間、うり子さん、こんばんは。終演後、藤岡マリにおちた〜とはた迷惑なメールを送ってスミマセン。
次の観劇はご一緒ですね♪でも私は6レミ(プレ含む)4別バルなので、うり子さんに比べれば大したことはありません(ニガワラ)
Posted by 花梨 at 2006年04月09日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

あれから12年。
Excerpt: 舞台は一転してパリへ。 荘厳な音楽の中迫りくる巨大なスラム街の装置。 群集の中から颯爽と走りでる二人の青年・・・ マリウスとアンジョルラス・・
Weblog: ひびのきおく
Tracked: 2006-04-10 08:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。