2006年03月26日

「當流小栗判官」千穐楽

国立劇場の「當流小栗判官」、本日千穐楽でした。
生憎私は二部のみの観劇でしたが、一部を見た友人によると、橋蔵が色々とやらかしまして、猿弥さんが吹いてしまったようです。

二部は最後にご挨拶がありました。猿之助十八番の狂言のひとつを、はじめて国立劇場で上演することの嬉しさ、またこのような機会で皆さんにお目にかかりたい、といったようなニュアンスの言葉が、右近さんからありました。

もうもう同意です〜!
今月の国立劇場で何が嬉しかったって、猿之助さんが創り上げた素晴らしい復活狂言のひとつが、上演されたということですから!
よく空席が目立つという言葉を目にしましたが、国立劇場の歌舞伎公演、大抵空席目立ってますし。
逆に澤瀉若手だけでよくあれだけのお客を動員したというのが、私の印象です。

本当に今月の成果が今後に繋がって欲しいです。まだまだ猿之助十八番には素晴らしい演目がありますから。(私も見ていない演目が…。)
posted by 花梨 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(1) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速の、ご報告♪
ありがとうございます!
二部のみ観劇になってしまいましたが、観る事が出来て、
本当に楽しかったし、ワクワクしたし、嬉しかったです!!
次の演目は、なんでしょうねぇ…。
(すでに、待っていますモードです>自分)
(*ーー*)
Posted by midori at 2006年03月27日 22:33
midoriさん、いつもありがとうございます。大した楽感想ではなく、スミマセン…。
また国立で通し狂言をやってくれないかな〜と、私も密かに期待しています。
Posted by 花梨 at 2006年03月29日 00:54
まいど!
マジで花形澤瀉屋はガンバリました!!
国立のスタッフとの心意気みたいなもんが、同じなんじゃないかしらん。
これからも、ジャンジャンバリバリ上演して欲しいですね。
歌舞伎座じゃなくてイイじゃん!
Posted by かしまし娘 at 2006年03月31日 16:21
かしまし娘さん、こんばんは。
国立は「通し」を上演するのが目的みたいな所がありますから、どんどん澤瀉若手で、復活通し狂言を上演して欲しいです。
Posted by 花梨 at 2006年04月02日 02:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

當世流小栗判官 第2部
Excerpt: 猿之助十八番の内/當世流小栗判官 (とうりゅうおぐりはんがん)第2部 これまでのお話はこちら → 第1部 第2部澤瀉音頭で幕が開くヨ。〜乍憚口上(はばかりながらこうじょう)〜 段治郎「今..
Weblog: バリバリかしまし娘〜まいど!
Tracked: 2006-03-31 16:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。