2006年03月24日

PARCO歌舞伎 『決闘!高田馬場』 再観劇

再観劇しました。初見のときほどの興奮は味わえなかったけど、やはりおもしろい舞台でした。

一番気になっていた脚本の粗さが二度目はそれ程気にならなかったです。これは役者さんの熱演&役への深みが大きいのでしょう。
染五郎さんの安兵衛の、鬱屈した思いが今回はとても感じられたし、その安兵衛を慕うからこその又八の苦悩も、ずっとわかり易くなっていた。
(ただラストの斬りつけは…初見ほどの唐突さは無いとはいえ、ちょっと腑に落ちない。でも勘太郎くんの演技が凄くて、全然オーケーです。)

長屋の回想シーンも、実はちょっと冗長と思ったのだが、各役者さんのキャラがどんどん立っているので、テンポ良く楽しめた。
逆に初見の時に大・絶賛した演出面が気になった。前半はとても良いのですが、いよいよ高田馬場への辺りからの、ブレヒト幕の使い方が、良い部分もあり、いまひとつな場面もあり…。
水の場面は通常歌舞伎で見せる演出の方が、どうしても効果的。
あと殺陣がね〜、あの人数でよくやっていのだけど。ストロボ効果も、私は余り良いと思わなかった。

初見の時も上記のことはちらりと感じてはいたが、結局舞台の勢いの凄さに吹っ飛ばされてしまった。これは私が二度目の観劇だから、強く感じたのだと思う。

でも高田馬場へ!のセリ上がりとか(とても猿之助さんっぽい手法で大好き。)、音楽の使い方、何度見ても感心。ラストの爽快感も二度目に方がより強く感じた

あと小ネタ増えてたな〜。二度目にして、ようやく染五郎さんの「足」の謎もとけた。マゼンダ侍(勝手に命名)も、よりグレードアップ。
早変わりは本当に凄い。長年猿之助さんのサポートをしていた、澤五郎さんの存在が心強いです。

亀ちゃんが喉をかなり痛めてしまったのは残念だけど、染五郎さんも初・新感線の2000年阿修羅は、後半かなり声がキツそうだった。
しかしあの「どうじゃ、どうじゃ、どうじゃ〜!」は何?もうスーパー歌舞伎かと思ったわ。

時事ネタですが、オリンピックネタはそろそろ打ち止めにしないのかな?21日はWBCネタもあったようだけど、私の観劇した日はそのまま。歌舞伎座もそのまま。(まぁ静をひっかけているだし、吉野山は無理に変更しなくても良いと思う。)国立はやはり花道でウコンバウアーなのかしらん?

25日のWOWWOW生中継、見られる人がとてもとても羨ましいです。


posted by 花梨 at 01:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はその日は結婚式で居なかったのですが、ご近所であるうちの彼はWOWOWで楽しく観劇していたようです。ご近所なのでビデオに撮っていたらお貸しできるかも〜〜〜
Posted by mihoko at 2006年03月26日 20:59
こんばんは〜。
WOWOWの放送、三谷さんの前説に、亀治郎さんも加わってのミニ歌舞伎講座もあり、とても楽しかったです♪
「次回は月曜休演で2ヶ月間にしましょう!」という三谷さんからの提案?決意表明?もあり、次への期待が膨らみました☆
Posted by yopiko at 2006年03月27日 00:00
mihokoさん、ご近所ならではのありがたいお言葉!、ありがとうございます。
ホントは生で見たかったのですが、何とか見る機会に恵まれそうです。ありがとうございます。

yopikoさん、レポありがとうございます。前説、ミニ歌舞伎講座があったのですね!うわ〜映像見るのが楽しみです。ありがとうございます。
Posted by 花梨 at 2006年03月27日 01:00
花梨さま

再観劇、うらやましい限りでございます。
初見時と今回とで印象の変わった部分やより魅力の増した部分、
興味深く読ませていただきました。
早春の街を疾走するような舞台でしたね。
そのスピードにもかかわらず、いつまでも余韻の残るお芝居
でもあり、しばらく熱が冷めそうにありません・・・。
Posted by スキップ at 2006年03月28日 02:08
スキップさん、こんばんは。
ホントに疾走感のある、素敵な舞台でした。今回限りではなく、ぜひぜひ二度、三度と続けて欲しいです。
Posted by 花梨 at 2006年03月29日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。