2006年03月16日

『レ・ミゼラブル』in 名古屋 3

今日もべっしーは朝ドラに出なかった…。公式のストーリーを見たら、今週は一瞬の登場で、来週が本格的な活躍っぽいが…何か健二さん、どういうこと?そんな展開、イヤすぎちっ(怒った顔)

それにしても感想がまだ一幕途中。当初また別所バルジャン限定感想と、芝居全体の感想とわけようと思いましたが、もう混ぜこぜでいきます。

名古屋に10日という平日遠征をしたのは、10日にかなり見たいキャストが集中していたこと。特に久し振りの駒田さんのテナルディエは楽しみでした。
やはり役に深みがありますね。宿屋の場面も目が釘付け。ベガーズでは、底辺を這いずり回っている男の凄みが出ていて、「怖い」と思った。

あと宿屋でバルジャンにコゼットをこんなに可愛がってたアピールの時、逆さに抱いてぶんぶんするものだから、リトルコゼットちゃんが本気でイヤそうだった。(お客は大笑い)


ベガーズ、いよいよマリウスとアンジョルラスの登場〜♪かつて初見で内田アンジョにやられ、更に岡アンジョにやられた私。他のアンジョもみな素敵でした。

実は新生になってから、アンジョルラスに関しては、私的には合格キャストが一人もいない…。(岸さん、小鈴さんは一度だけの観劇なので、ちょっと外します。)特に坂元さんは、新生一発目に観劇したというのもあり、しかも隣のマリウスが超ビジュアル系山本マリウスだったので、何かもう…見た目で…スミマセン。今に至るまで一番苦手です。
10日は東山くん。昨年3月に見た時はかなり…でしたが、その後もの凄い良くなったので、現アンジョの中ではかなり好きです。
特にバリケードになってからは、動きが綺麗で、素早いのが好き。他の学生やグランデールとも熱く絡んでくれるのも好き。

坂元アンジョ、歌もそれ程良いと思わなかったのですが、何故そう思っていたのか、その回答を11日にみた、石井一孝さんのライブのゲストで出演した、留守晃さんに頂きました。
留守さんは実際に演じていた時は見ていないのですが、今、生で歌を聴いても、役が伝わってくる。声に艶がある。坂元さんは上手いのだけど、どうにも一本調子に聞こえてしまって…。ゴメンナサイ。

そして岡田マリウスはやはり良い!SPの石川禅マリウスをみて、自分が好きなのは「青年」のマリウスであると認識し、益々岡田さんのマリウスが好きになりました。

一幕最後のワン・デイ・モア、結局今回も別所バルジャンに視線釘付け。いや〜まさかワン・デイ・モアで、アンジョもエポもジャベールも見ない日が来るとは。
荷物のつめ方が好きなんですよ。コゼットの喪服、お人形、銀の飾台と、とても思い入れたっぷりに詰めて行く。今回は祈るのみ。(十字を切るのは今さん時だけ?)

ようやく一幕終了(苦笑)

この記事へのコメント
ワタシが10日に遠征を決めたのも同じ理由です!
特に、岡ジャベ、岡田マリウス、駒田テナが決め手でした。
おかげで花梨さんにもお会いできたし、舞台も良かったし、
我ながらナイスチョイスでございました〜。
Posted by うり子 at 2006年03月18日 18:52
こんばんは。べっしー萌え祭り開催中のうり子さんだー。
私も岡ジャベ、岡田マリウス、駒田テナが揃った、10日の舞台がどうしても見たかったです。
Posted by 花梨 at 2006年03月19日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。