2006年03月05日

「當流小栗判官」初日開幕!

国立劇場での、3月歌舞伎公演「猿之助十八番の内 當世流小栗判官」が本日初日を向かえました!

通しでの観劇は体力がもつか不安だったので、一部のみの予定でしたが、結局後ろ髪引かれてそのまま二部も観劇。久々にぶっ通しで歌舞伎を観ましたが、いや〜おもしろくて、とても満足でした!

スポーツ新聞の記事に、舞台稽古の様子が出てましたが、デイリースポーツは写真付き。

デイリースポーツ

リピート観劇しますので、簡単な感想。(ネタバレ無し)

舞台全体もとても工夫を凝らしています。一部・二部それぞれに口上がつき、粗筋等を判りやすく説明していますが、澤瀉ファンには「どこかで見たことのある説明方法」だけど、効果的で判りやすい!
口上から本舞台への流れもスムーズです。

パルコ劇場で美術・大道具さんの仕事に感嘆しましたが、こちら国立劇場はその舞台機構を生かした、美しく、ダイナミックな美術・大道具に感心。
特に、一部は、春(桜)・夏(朝顔)。二部は秋(紅葉)、冬(雪)と、移り変わる四季は必見です。

そして澤瀉屋の皆さん、かなり力をつけてます。皆さん堂々とした舞台です。随所に猿之助さんのスピリットを感じられ、改めて猿之助さんの復活狂言ものの、筋のおもしろさ、演出の見事さを思い知らされる舞台です。

一部・二部だと、本日時点では一部の方が好きかな〜私は。(見所の碁盤乗りがいまひとつでしたが)
口上〜序幕の流れが見事!だし、話の発端がとても判り易い。
そして何といっても段治郎さん演じる浪七が、もうもう無茶苦茶に格好良い!見た目が格好良いだけではなく、内面から湧き出る格好良さ!
これを観るためだけに国立行っても、充分チケ代の元は取れます。
posted by 花梨 at 23:57| Comment(12) | TrackBack(4) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、はじめまして。
小栗判官で飛んできました。TBさせていただきますね!
私も今日、二部だけですが観に行ってきたんです。
とってもよかったです。感動しました。
舞台と一体になれる感じがやっぱりすごいです。
お書きになってたように、舞台も綺麗でした!
道具、美術さんはやりがいあるだろうなって思いました。

またお邪魔させていただきます!
Posted by ameixa at 2006年03月11日 01:34
ameixaさん、はじめまして。訪問ありがとうございます。
一部も良いですよ。段治郎さん演じる浪七が、とてもとても素敵なので、お時間があったらぜひ観てください。
Posted by 花梨 at 2006年03月13日 00:20
カキコミは、チョッピリお久し振りです。
(^^;
本日、二部を観に参ります。
一部も狙ってたんですが、どうしても時間の都合がつかなくて…。
そうですか、一部の方がお好きだったんですか。
やっぱり観れるとよかったなぁ…。
(><)
以前に観たのは猿之助さん&児太郎(現:福助)さんだったのですが、筋立ても記憶の彼方。
新作を観るつもりで楽しんできたいと思います♪
Posted by midori at 2006年03月13日 10:17
midoriさん、こんばんは。二部はいかがでした?お駒ちゃんの件りは良いですよね。

>猿之助さん&児太郎(現:福助)さんだったのですが
それは昭和62年ですか?私はその頃から歌舞伎を見はじめました。
そういえば今回お駒ちゃんの春猿さん(及びその同期の方々)は、まだ入門してない頃ですね。
Posted by 花梨 at 2006年03月14日 00:08
行ってまいりました♪
本当に、ベタな感想なんですが…、
すっごい楽しくて、ドキドキで、切なくて、ドラマチックで、私は大好きでした!
もう1回、観たいと思いました!!
(*ーー*)

昭和62年!
えっと、そんなものでしょうか?
(相変わらず頼りなくてすみません)
(><)
過ぎてみてビックリ!という感じです。
(^^;
感想をアップしたら、トラバさせていただきます!
p(^^)q
(まだ、てつかずですが…)
(ーー;
Posted by midori at 2006年03月15日 10:43
midoriさん、こんばんは。
澤瀉ファンとは最近名ばかり、初日以来国立に行ってません。名古屋でべっしーに魂奪われてたもので。
midoriさんの感想、楽しみにしています。私もこの週末はようやく二度目の観劇です。また違った感想がうまれるかな…?
Posted by 花梨 at 2006年03月16日 01:09
花梨さん、どうもです!
初日をご覧になって2週間。
きっと進化していると思います。
違った感想が生まれるか?
再確認となるか?!
花梨さんの感想をお聞きするのを楽しみにしています。
私は二部のみですがアップしたのでトラバさせていただきます。
(^^;
Posted by midori at 2006年03月17日 13:50
midoriさん、二部ご覧になったのですね。ぜひぜひ一部も見てください!と言いたい所ですが、時間の都合もなかなか難しいですよね。
私もこの週末は久々に澤瀉三昧です。
Posted by 花梨 at 2006年03月18日 02:31
こんばんは
私は今日通しで観てきました。
私はたぶん92年か93年の夏に観にいっていると思います。猿之助さんの精神を受け継いでとてもよく頑張っているな〜と思いました。
それにしても美しい舞台ですよね。装置にしても衣装にしても華やかで楽しいです。
個人的には春猿さんが16年ほど前は好きだったのですが今は段治郎さんがとても上手になっていて観ていてとても楽しかったです。
Posted by mihoko at 2006年03月18日 22:42
mihokoさん、こんばんは!訪問ありがとうございます。
今回の段治郎さんは実に良いですよね。
元々容姿に恵まれた役者さんでしたが、なんか花道から出てきたときに「スターオーラ☆」を感じました。
Posted by 花梨 at 2006年03月19日 02:02
はじめまして

わたしも澤瀉ファンの一人です。
上置きのない花形公演でしたが、すばらしくてときめきました。
初演を見たのはまだ子供の頃でしたが、それから本格的に歌舞伎にハマリだしたので、とても懐かしくて嬉しくなりました。
TBさせてもらいました。
本当によい芝居でしたね。
Posted by 遊行七恵 at 2006年03月22日 12:42
遊行七恵さん、はじめまして。訪問ありがとうございます。初演を見ているなんて凄い〜!
澤瀉の若手さん達だけで、あれだけの舞台を作り上げたのは、私もホント素晴らしいと思います。
Posted by 花梨 at 2006年03月23日 01:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

小栗判官!
Excerpt: 初めて歌舞伎を観ました! 演目は『當世流小栗判官』 近松門左衛門の『当流小栗判官』を 市川猿之助さんが再構成したものです。 歌舞伎は初めてでしたが、とっても楽しかったで??
Weblog: cena emocional
Tracked: 2006-03-11 01:45

「當世流小栗判官」第二部〜3月歌舞伎公演・猿之助十八番の内〜
Excerpt: この作品、ず〜〜っと以前に、猿之助&児太郎(現・福助)で観たことがあるんです。が、お話しは気持ち良い程、サッパリ忘却の彼方…。(恥)というわけで、新作を観るような気持ちで劇場へと参りました。
Weblog: 好きなことは止められない♪
Tracked: 2006-03-17 13:33

縲檎文荳匁オ∝ー乗?怜愛螳倥?咲ャャ莠碁Κ縲?3譛域ュ瑚?莨主?貍斐?迪ソ荵句勧蜊∝?逡ェ縺ョ蜀??
Excerpt: 縺薙?菴懷刀縲√★縲懊?懊▲縺ィ莉・蜑阪↓縲∫諺荵句勧シ??螟ェ驛?(迴セス・遖丞勧)縺ァ隕ウ縺溘%縺ィ縺後≠繧九s縺ァ縺吶?ゅ′縲√♀隧ア縺励?豌玲戟縺。濶ッ縺?ィ九?√し繝?ヱ繝ェ蠢伜唆縺ョ蠖シ譁..
Weblog: 螂ス縺阪↑縺薙→縺ッ豁「繧√i繧後↑縺?飭
Tracked: 2006-03-17 13:33

當世流小栗判官をみる
Excerpt: 国立劇場で歌舞伎を見るのは、実に久しぶりだ。 花形つまり若手ばかりの芝居で今回は上置きなし。一部二部と分けての上演だが、なかなか客の入りもよい。私は不意に来たから一部しか??
Weblog: 遊行七恵の日々是遊行
Tracked: 2006-03-22 12:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。