2006年03月04日

『決闘!高田馬場』 初日 追記

大切なことを書き忘れた。
初日の幕がしまったあとのこと。舞台の興奮の余韻に浸りつつ、席を立つと、舞台の奥から拍手が聞こえた。

素敵な拍手だった。

大したネタバレは無いですが、一切イヤ!な方はスルーしてくださいね。

前述した通り、この舞台がすがすがしいのは、「歌舞伎」に真正面から向かっているからで。そして私は凄く猿之助さんの演出、手法を思い出したのだけど、いかがでしょうか?
(特にとてもスーパー歌舞伎っぽくない?という場面が。)

あと今回は役者の力の賜物でしょうか?あれだけ色々おもしろいことやっているのに、崩れない。下品にならない。

ちょっとした所作も歌舞伎役者ならでは。襷はパンフによると錦吾さん伝授?手紙も美しかったな。

そして何と言っても、演出・役者を支えた、唄・鳴り物関係の方、大道具・美術さんたちをはじめとしたスタッフの方々、このチームワークが素晴らしい!
posted by 花梨 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お体大丈夫ですか?
週末の名古屋、お体に気をつけてくださいね
夜は冷えますよ。

観てきました!
チケットありがとうございます。誰かわかりますか?
さて、私も思いました。スーパー歌舞伎に似ている手法があるって。八犬伝のときに似ているとか
オグリにちょっとにているかなとか。

それにしても亀治郎さんがとても猿之助さんに似てきました。叔父さんにもお父さんにとも言いますが。私の知っている彼はまだ10代でしたがいつの間にかあんなになったのですね。声がおじさんになっていてびっくりしました。
あの話し方を聞いていると余計にスーパー歌舞伎に感じるとも思いましたよ。

Posted by mihoko at 2006年03月10日 00:02
mihokoさん、訪問ありがとうございます!楽しまれたようで、何よりです。
帰宅したら、ちゃんとコメント返します。
Posted by 花梨 at 2006年03月10日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。