2006年03月03日

PARCO歌舞伎 『決闘!高田馬場』 初日感想

行って来ましたよー!『決闘!高田馬場』初日。突如初日に行かれることになり、しかも良い席で、ホントにホントに手配してくれた某さん、どうもありがとう!
いきなり劇場入る前に渡辺えり子さんや、波乃久里子さんに遭遇。自分の席の近くには段四郎さんと奥様。もうテンション上がりまくりの中、初日の開幕。

前述した通り2時間以上休憩なしですが、全然飽きることなく、突っ走ります!(今日は初日のせいか、開演もちょっと押したが、135分強だったかな?トイレは絶対事前に行きましょう。)
以前澤瀉若手がPARCOで公演したときと同じで、下手通路を花道のように使います。(それほど花道を意識した使い方では無かったけど。)

いやー荒い部分も多いけど、そんなこと全く気にならないくらいの、突っ走り方。多分この芝居はどんどん良くなっていくだろうという、予感がひしひしします。

パンフのコメントを見ると、三谷さん、「歌舞伎あんまり見たことない」と言ってますが、ぜーったい嘘ですね。以前から見てないとしても、この舞台のためにかなりビデオ等を見たのでは?と思います。
上手い具合に「歌舞伎」の要素が取り入れられてます。しかも真正面から。それに舞台を支えるスタッフさん達が、実にアイデアを上手く具体化して、良いチームワークで舞台を作り上げてます。

脚本は自分の期待値が無茶苦茶高かったので、おもしろいのだけど、もっと練って欲しい部分もありました。でも、とにかく、余り細かいこと言いたくない舞台なのです。
なので、今回だけで終わらずに、ぜひぜひ継続して欲しいです。

染五郎さん、勘太郎くんは、三谷さんもよくキャラを判っている役者さんだから、割と正攻法な役。(堀部弥兵衛は反則すぎだよ、カンタ。)
亀治郎さんの役がどうなるかな〜と思ったら、意外なキャラでおもしろかった!時々「スーパー歌舞伎かよ!」と突っ込みたくなる台詞が入り、しかも亀ちゃんが猿之助さんそっくりの台詞回しなので、もう澤瀉ファンにはたまりませんでしたわ。
亀ちゃんの堀部ホリも、凄い卑怯。(「十二夜」の麻阿がグレードアップした娘版?)
他の役柄にしてもキャラ立ちすぎ(苦笑)。特におウメ役の市村萬次郎さん必見。楽まで皆さんどこまで突き進むのでしょうか?

なので後半がもう少し盛り上がると、ラストのカタルシスが凄いことになるんじゃないかな〜?ちょっともったいない。
私はあの高田馬場へ走る、安兵衛の葛藤や、長屋の皆さんの思いは、かなり好きですわ。

演出面も色々工夫されてました。特に今回は大道具さんが大活躍!まさかあると思わなかった廻り舞台も効果的。
ブレヒト幕の使い方も良かったが、『贋作・罪と罰』とモロ被りの手法なので、ちょっと損してました。まぁ、使う意図が違うから、余り気にならなかったけれど。
早変わりも凄かった。猿之助さんのファンの私もびっくりです。

あ、細かい所もいちいちおもしろいです。ツケ打ちさんとか(笑)色々。自分が窒息しそうになったツボは、染ちゃんの人形でした。

もっと練って欲しいな、と思う部分もありますが、とにかく私は楽しかった!
進化する舞台の今後が楽しみです!
posted by 花梨 at 01:17| Comment(17) | TrackBack(8) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花梨さま

「決闘!高田馬場」私も観てきました。
とても楽しめる歌舞伎でした。
勘太郎くんと亀治郎さんの堀部親娘、ほんとに反則ですよね〜。
初日が開いて間もないですが、花梨さんのおっしゃる通り、時間を経て
芝居が練りこまれて、きっとどんどんよくなっていくのだろうなと感じました。
またご覧になるのですか?私はこの1度きりなので、やっぱり東京の人
がうらやましいです。
Posted by スキップ at 2006年03月06日 02:13
私も観てきました。面白かった〜。感想をTBさせていただきましたm(_ _)m
一度と言わず三谷さんにはまた歌舞伎を書いてほしいです。なんか勘三郎とも書く約束をしたということだからそれで実現するかな。
Posted by ぴかちゅう at 2006年03月06日 02:42
スキップさん、早速の遠征お疲れさまです。
一応後半に再度観劇予定ですが、当日券の電話を掛けてしまいそうです。

ぴかちゅうさん、三谷さんにはまたぜひ書いて欲しいです。私は出来れば今回のメンバー中心で、また新作を見たいです。
Posted by 花梨 at 2006年03月07日 00:00
初めまして。SUE7と申します。TBさせていただきました。

ブログを始めたばかり&観劇の感想を書いたのも初めてなので、花梨さんのサイトはとても参考になります。
細かいことは言いたくない舞台、同感です。完成度なんかより勢いというかエネルギーを感じたい作品ですよね。

千秋楽、見に行きたいなぁ。
Posted by SUE7 at 2006年03月07日 01:08
SUE7さん、はじめまして!訪問頂きありがとうございます。
私のブログ、読んで頂いて嬉しいです。単なるイチ観客のたわ言で、大したことは全然書いていないのですけどね〜。

私もこの舞台は楽に行きたい!と思いました。実際はチケットも無いし、国立の楽に行くので全然無理なんですけど。
Posted by 花梨 at 2006年03月07日 22:00
花梨さま
初めまして(だったでしょうか?)、麗といいます。
私も先日観に行ってまいりました。
初日からかなりの完成度だったようですね!
本当に楽しくて、可笑しくて、素敵な舞台を見せてもらいました。
歌舞伎役者さん達の、なんでもこなせてしまう能力の高さに脱帽です。

僭越ながらTBさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by at 2006年03月11日 14:24
麗さま、こんばんは。訪問ありがとうございます。
色々な方の感想を拝見すると、初日からまた進化している部分もありそうで、もう一度観劇するのが楽しみです。
Posted by 花梨 at 2006年03月13日 00:25
はじめまして。TBさせて頂きました。
14日の公演を見てきたのですが、とても面白かったです。いつの日か、三谷歌舞伎を歌舞伎座で見たいものです。
Posted by Boh at 2006年03月15日 01:13
はじめまして。TBさせていただきました。
私も14日の公演見てきました。
三谷作品も歌舞伎もずっと見たかった私
にとって最高の舞台でした。
歌舞伎初心者の私にはもっと歌舞伎が見たい!!
今度は王道の歌舞伎を見に行かねば。
という思いでいっぱいです。
初心者にも分かりやすく、面白い歌舞伎を
教えて頂けませんでしょうか?

Posted by かな at 2006年03月15日 11:53
Bohさん、訪問&TBありがとうございます。ブログも読みました。
「歌舞伎」というカテゴリー以前に、一本の芝居としておもしろいかどうか、今回の「決闘!高田馬場」は、とにかくとてもおもしろかったと思います。

かなさん、はじめまして。私もそんなに歌舞伎通じゃないのですが、今月でしたら間違いなく、国立劇場の「當流小栗判官」がお勧めです。
華やかで、判りやすく、お家騒動ものの王道といった筋です。
私のブログでも 03/05の記事で紹介してますし、国立劇場で検索すれば、国立劇場のHPに詳細が載っています。私で判ることなら、気軽に聞いてください〜。

Posted by 花梨 at 2006年03月16日 01:01
花梨さま
早速のご回答有難うございます♪
今月は金欠の為見に行けるか
微妙ですが、早速調べてみます。
これから勉強しますので、また
質問、疑問が出てくると思いますが
宜しくお願いします。
Posted by かな at 2006年03月16日 17:11
かなさん、こんばんは。
国立は安いですよ。1500円からチケットあります。詳細は下記にて。
http://www.ntj.jac.go.jp/performance/10.html
勉強とか思わないで、気楽に見てくださいね。
Posted by 花梨 at 2006年03月17日 02:18
PARCO歌舞伎・・まさに三谷さんの『ウェルメイド・コメディ』の歌舞伎ではなかったかな。って見てました。
時代の欲してる流れはこれなのだろうなあ。って思いながら、私は、やっぱり古典が、好き!とやはりマニャックなんでしょうかねえ(苦笑)
Posted by harumichin at 2006年03月18日 07:39
harumichinさん、おはようございます。
野田版等色々外部演出の作品はありますが、その中でも私は好き・苦手があります。
単に古典・新作とわけるのでしなく、自分が目の前のその芝居が好みかどうかと、私は思います。
今回の三谷さんはかなり好きです。一番好きなのは猿之助さんの復活通し狂言ものなのですが。
Posted by 花梨 at 2006年03月18日 10:20
花梨さま
ホントですね。安くてびっくりです。
勉強と思わず楽しむのが先ですね♪

どんな舞台もそうだと思いますが、
どんなに出演してる人が好きでも
話がつまらないっていう事もあり
ますよね。

私もいろんなお芝居見てきましたが、
難しい事は別に好きか嫌いか、面白かった
が私の中のいい舞台だったな〜。
の基準です。
なんて歌舞伎初心者にもみたないのに
偉そうな事いってしまいました・・・
Posted by かな at 2006年03月20日 17:11
こんばんは。
やっと私も観ました、PARCO歌舞伎☆
私はスーパー歌舞伎は未見なのでそこのところが分からず残念ですが、歌舞伎初心者としても、普通の演劇好きとしても、ほんとーに楽しみました!
記事は書き途中ですが、アップしたらTBさせていただきますね〜m(_ _)m
Posted by yopiko at 2006年03月21日 01:48
かなさん、再訪問ありがとうございます。私も毎月きちんと歌舞伎座に行くような方に比べたら、全然初心者です。
国立に行かれることになりましたら、またぜひ感想を聞かせてくださいね。

yopikoさん、こんばんは。私もPARCO歌舞伎、再観劇してきました。初見と色々感じ方が変わっています。
私も今週中には再観劇の感想、アップさせますね!
Posted by 花梨 at 2006年03月23日 01:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

中山安兵衛参着! パルコ歌舞伎「決闘!高田馬場」
Excerpt: 「高田馬場はまだ遠し 高田馬場はまだ遠し」という義太夫節が 劇中何度も繰り返される中、精神的にも実際の道のりも遠かった高田馬場にやっと辿り着いた安兵衛が、『中山安兵衛参着!』と見栄を切るラストは『いよ..
Weblog: 地獄ごくらくdiary
Tracked: 2006-03-06 02:03

06/03/05 PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』ああ面白かった!
Excerpt: 全席12000円という強気のお値段にもかかわらずすぐに完売となったPARCO歌舞伎!『決闘!高田馬場』。平日夜が先に完売となり初日直後の日曜日の夜の部の最後列しかとれなかったが、とれただけでよかったと..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2006-03-06 02:49

決闘!高田馬場
Excerpt: 「決闘!高田馬場」といってもワセダ君の喧嘩ではない。 一昨日観に行った歌舞伎の演目である。 http://info.pia.co.jp/et/promo/play/parco_takada.j..
Weblog: Corlorfulな日々
Tracked: 2006-03-07 00:59

『決闘!高田馬場』@渋谷パルコ劇場
Excerpt: 三谷幸喜氏が歌舞伎に初挑戦!って事で激しかったチケット争奪戦をかいくぐり、 ものすっごく楽しみにしてた、この公演観てきました! PARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」 とにかく笑??
Weblog: ARAIA -クローゼットより愛をこめて-
Tracked: 2006-03-11 14:26

PARCO豁瑚?莨弱?梧アコ髣假シ?ォ倡伐鬥ャ蝣エ縲?3/12螟懷?貍
Excerpt: 豌玲クゥ0.6邃??荳ュ縲√メ繧ア縺エ縺ォシ墓凾髢謎クヲ繧薙〒シ托シ抵シ撰シ撰シ仙?縺ョ繝√こ繧竪et縺暦シ茨シ?繝√こ縺エシ我ク芽ーキ蟷ク蝟懊?讒区Φシ伜ケエ縺ョ螟ァ菴懶シ溘?弱ヱ繝ォ繧ウ豁瑚?莨弱..
Weblog: |縺ゅs縺ア逧?律縲?叛隲?竏?ソ」笳擾シ火ソ
Tracked: 2006-03-14 01:06

三谷幸喜新境地!
Excerpt: こんなに笑った歌舞伎は、今まで見たことない! 今まで結構歌舞伎の舞台を見てきた
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2006-03-15 01:10

PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』
Excerpt: さて、14日は、PARCO歌舞伎を見に久々に渋谷へ。 やはり渋谷は、苦手かなあ・・なんて思いつつ、PARCOへ。 これまた久々のPARCO劇場いつ以来なのだろう?記憶にない。 見終わって・・・舞台は、..
Weblog: 花がいっぱい。
Tracked: 2006-03-18 07:31

PARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」
Excerpt: PARCO劇場/L列8番作・演出/三谷幸喜  補綴/今井豊茂  美術/堀尾幸男  照明/服部基  舞台監督/松坂哲生  企画/佐藤玄(パルコ)  制作/安孫子正、岡崎哲也、真藤芳一、中里毅(松竹)、大..
Weblog: IT'S SHOWTIME!!
Tracked: 2006-03-28 15:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。