2006年02月14日

『 ワールド・ゴーズ・ラウンド 』

東京芸術劇場ミュージカル月間『ワールド・ゴーズ・ラウンド』の初日(2/9)観劇

キャスト:香寿たつき 大澄賢也 シルビア・クラブ 泉見洋平 今陽子

内容:「オール・ザット・ジャズ」「キャバレー」「蜘蛛女のキス」等で知られる、偉大なソングライターコンビ、ジョン・カンダー&フレッド・エッブの珠玉の名曲で綴るショウ。

観劇が立て込んでいたので、感想が後回しになってしまいました。
舞台の中央にかなり高低のついた、ドーナツ型の大きな盆。穴の部分がオケピになっていて、バンドの方々。セットはそれだけ。その中で曲に合わせて繰り広げられるショウ。
出演者は上記の5人、セットも衣装も洒落ているけどシンプル。だけどとても素敵!
もちろん元の曲を知っていた方が楽しめるのだろうけど、知らなくても充分!楽しめる構成でした。

なんといっても出演者5人が良い。シンプルな作りなだけに力量が必要。それに5人の個性が全く被っていない。それぞれの持ち味がよく出ている。
感心したのは大澄賢也さん。やはりステージングが馴れている。ぱっと場をさらってしまう。ぜひもっとミュージカルに出て欲しい。
今回の私のお目当て泉見くん。私はどうも彼の声がかなり好きらしいと再認識。蜘蛛女のキス、素晴らしかった。今後のミュージカルが楽しみ!

posted by 花梨 at 00:51| Comment(3) | TrackBack(3) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一足お先に、ご覧になってたんですね♪
泉見さんの優しい歌声…。
花梨さんが魅了されるのも、分かります!
(^^)v
大澄さんの素晴らしさは、私も遅まきながら再認識でした。
今後は、気合い入れてチェックしなくちゃと思いました。
(^^;
Posted by midori at 2006年02月14日 09:50
泉見くん・・あらためて可愛く見えていたのですが・・30代だと思うと妙に不思議な男性、
いえ男の子だったりして(笑)。

Posted by harumichin at 2006年02月14日 23:41
midoriさん、harumichinさん、いつもありかどうございます。何か思いっきり観劇の方向がかぶってますよね。

大澄さんのパーフォマンスは釘付けです。地力のある方なんだな、と改めて認識しました。

泉見くん、ホントに30代とは思えません。「可愛い」って言葉がぴったりきます。あの声に魅了されています
Posted by 花梨 at 2006年02月14日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ワールド ゴーズ ラウンド」〜…and the World Goes 'Round〜
Excerpt: 2004年上演の好評を得て再演。ブロードウェイヒットメイカー“ジョン・カンダー&フレッド・エッブ”。演奏を聞いてみると、“へぇ〜〜、それもこの人達の曲だったんだぁ!!”な連続です。物語は特に無く、彼ら..
Weblog: 好きなことは止められない♪
Tracked: 2006-02-14 09:46

それでも地球は周っている。
Excerpt: こう言い残しとされるガリレオは昨今ではシャワーを浴びると イケメンに変身する能力を身につけたらしく話題です。 大好きですあのCMシリーズ。 特に「織田信長」篇・・・まさに「ウツケモノ」です。
Weblog: ひびのきおく
Tracked: 2006-02-14 14:48

ワールド ゴーズ ラウンド
Excerpt: 「The World Goes ‘Round」 オフ ブロードウェイ ミュージカル ショー 東京芸術劇場 香寿たつき 大澄賢也 シルビア・クラブ 泉見洋平 今陽子 今回は、「泉見洋平」くん見たさでか..
Weblog: 花がいっぱい。
Tracked: 2006-02-14 23:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。