2006年01月17日

『レ・ミゼラブル』を大阪で堪能 その2(全体感想)

別所さんのバルジャンに愛情を注ぎすぎて、ろくな感想がかけないダメダメな私。
でも2006年大阪バージョンの『レ・ミゼラブル』は良かったよ〜。作品の味わいが深まった感じ?
書きかけの別所さん感想も完成。他の感想をちょっとだけ。
でも何度見ても、よく出来たミュージカルだなぁと。音楽、演出、その他もろもろ…。観劇したのは、1/13ソワレ、14マチネ・ソワレです。

バルジャン・山口祐一郎さん
今まで山口さんのバルは苦手で、なんと言うか、山口祐一郎inレ・ミゼコンサートにしか思えなくて。
山口さんなら何もレミゼじゃなくて、もっと別のミュージカルで見たいかな、などど思ってましたが、大阪の山口さんはなかなか良かったです。風邪をひいていた?のか、声が不調だったのが、逆に良かったというか、の愛情を非常に感じられて良かったです。
ただ年取らないのだけがな〜、どうしても不満。済みません。

ジャベール・鈴木綜馬さん初見。いいね!かなり気に入りました。今さんは別所さんより、祐一郎さんとの方が好きでした。

エポニーヌはANZAさんの役作りが好き。帝劇で見た時より良かった。少女らしいエポニーヌで新鮮。

マリウスは実は現キャストで全員「可愛い」系でやや不満。もちろんそれぞれ単体では凄く好きなマリウスのだけど、せっかく3人もいるなら、一人くらい男らしいマリウスが欲しい。男らしい山本マリが妙に懐かしい。2003年は岡田マリのが好きだったのですが。SPで見た石川禅マリが、現キャストと違うアプローチをしたのには感動。

凄く楽しみだったのがコング・テナルディエ。帝劇で見て期待通り!だったので。小劇場で見ていた役者さんを、こういう大舞台で見ると感慨深いです。

田中利花・妻も凄く期待していました。ナインのサラギーナが素晴らしかったし、別所さん・井料さんとナイン組がグレードアップしていたので。でもやや大人しめ?の印象。

一番今回印象的だったのは、アンジョルラスと学生たち。短縮版になってどうしても学生たちの印象が薄くなってしまったのだけど、かなり厚みが出てきました。
東山アンジョは昨年3月以来だったのですが、非常に良くなっていてびっくり!アンジョに必要な強烈なリーダーシップを発揮していて、かなり好印象。バリケードでのダッシュも格好良い!(吉野アンジョのダッシュも好きでした。)
「死のう!」で学生たちが一気に変わるところ、メリハリがついていた。その後グランデールに引きとめられた東山アンジョの、グランに向けた笑顔が何とも言えない良い笑顔で、涙腺決壊しました。

以上、勝手きままな2006年梅田芸術劇場・レ・ミゼラブル感想でした。

最後にちょっとだけ追記。別所さんのバルジャン、進化しすぎて、存在感が余りにも強い。新生・レミゼもどんどん濃くなってきたのだけど。実はSPで見た、鹿賀ジャベールとの組み合わせてで見たい!と、敵わぬ夢を思ってしまいました。


この記事へのコメント
こちらにもオジャマします。
花梨さんの他キャストの感想がいちいち同感!だったので嬉しくなりました。
山口バルジャン、私は大阪が初体験だったのですが、どうにもこうにも暗く思い過去を持ち、今もなお苦悩しているひとりの男に見えなくて(笑)。私が見た日は、彼にしては歌もやや不調だったのでは? ちょっと不完全燃焼で残念でした。やっぱり山口さんは人間離れした役でドカーンと歌ってくれるほうが断然好きです(笑)。

それにしても、花梨さんのおっしゃるとおりよくできたミュージカルです(私の浅い観劇経験で言うのもなんですが(笑))。特に場面転換がすばらしいと思います。
Posted by at 2006年01月18日 14:13
こちらにもありがとうございます。

山口さんについては、映像で見たら、やはりさすがだわ〜と思いはじめてますが、基本はウィーンミュージカル等に出演している方が好きですね。
逆に別所さんはウィーンものはちょっとアレかしら…いや、ちょっと見てみたいかも。
Posted by 花梨 at 2006年01月19日 01:20
あ、ワタシも同じこと考えてました。
ベッシー、ウィーンミュージカル、出る幕なさそ〜って(笑)。
Posted by うり子 at 2006年01月19日 18:48
ベッシーには演じて欲しいミュージカルが色々有りますが、実はWSのトニーも密かにみたいです(笑)多分日本で一番トニーを演じても、違和感の無いミュージカル俳優かと。
Posted by 花梨 at 2006年01月20日 00:10
この話題引きずっちゃってゴメンなさい(笑)。
WSのトニーはもう10年若かったらって言いそうですね〜。
私は『オペラ座の怪人』の映画のファントムを観て、「もしかしてベッシーファントムもありかも?」って妄想しちゃいました。声質が合わないかなぁ。どうかなぁ。
きっとすごく泣けると思うんですが。そんなこと思うの、私だけ??(汗)
Posted by うり子 at 2006年01月23日 22:07
いえいえ、楽しいので全然OKです。
トニーは確か本人も若かったら演じたい、みたいな発言をしていたような記憶があります。

私はニール・サイモンの『デュエット』を激しく希望。大昔に西城秀樹&鳳蘭で見て、細かい所は余り覚えていないのだけど、都会的でお洒落な素敵なミュージカルでした。
Posted by 花梨 at 2006年01月26日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。