2005年12月27日

『ジキル&ハイド』までの道

25日からちょっとだるかった。26日夕方から本格的に寒気と咳。ヤバイ。明日はジキルハイド、しかも無茶苦茶良席なのに。
どーすんの?どーすんの?俺?(…とオダギリジョーの声が頭の中に響く)

とりあえず歌舞伎座レポを書くつもりを中断。仕事は忙しくて休めないし、風邪薬を飲んで明日に備えて寝る。
退社後、劇場へ。ドリンク剤、咳止めの薬を飲みいざ観劇!しっかりマスクをし、膝にはミニお茶・のど飴。
本日の『ジキルハイド』で、前列にこんな怪しい奴がいたら私です。(にも関わらずいきなりオープニングでテンション上がり、涙でた〜。)

何か今年の5月と10月も上記の状態で観劇してたな。(休めよ!いや、休んだりもした。)
こんな状態なので、気になったことをちょっとだけ。

◇ 前で見ると、蘭々ちゃん、肌すべすべ。綺麗〜!
◇ そして鹿賀さんの鬘の秘密がちょっと判った
◇ 気になっているラスト。アターソンに撃たれる場面。ハイドとして掴みかかろうとするのだけど、その前がジキルとハイドが混じっている感じ。
これは勝手な解釈だけど、「自由になりたい」ために、永久にハイドを封じ込むために、実はハイドを装っていたとか…。

今もCDリピート中。また感想書きます。


posted by 花梨 at 23:57| Comment(3) | TrackBack(1) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観劇は体調万全がいいですよね。
お大事にしてくださいね。
また、ブログ始めましたので宜しくお願いします☆
Posted by fortheday at 2005年12月28日 19:29
空気が乾燥してる今。
晦日に向かって病院も混んでいて風邪引きが増えるこの頃。
劇場はことのほか乾燥して空気も悪いので、風邪には良くないですよね。
お大事にしてくださいね〜。
Posted by harumichin at 2005年12月28日 23:44
forthedayさん、harumichinさん。
暖かいお言葉ありがとうございます。
芝居はじまる前は大丈夫、と思っても、幕が開いた途端、喉に違和感が…。劇場はホント風邪には鬼門です。

31日に今年の締め!のお楽しみがありますので、それまでに根性で治します。
Posted by 花梨 at 2005年12月29日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ジキルとハイド 2
Excerpt: 27日2度目「ジキルとハイド」観劇 しかし、どこかぼ〜んやり見たところがある。 「尾上松助」ショックといったところ。 まったく、身内でもないのに・・・・ こんな気分は3度目。 1度目は、宝塚雪組の「世..
Weblog: 花がいっぱい。
Tracked: 2005-12-28 23:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。