2005年12月22日

スーパー喜劇・狸御殿 新橋演舞場

スーパー喜劇・狸御殿 新橋演舞場 (←詳細はこちら)

途中まで書いておいた記事。再観劇してから更に感想を付け加えたかったのですが、どうにも時間が取れない&チケット無しで断念。うーん、残念。記憶が曖昧なところなど、ありましたら申し訳ないです。

当初“スーパー喜劇”というキャッチフレーズを聞いた途端、澤瀉屋ファンの私はいっきりひいてしまった。直美さんが猿之助さんの大ファンというのはよく知られた話だけど、何で今さら狸御殿?スーパー喜劇って何?、チケット売れるの?と、かなり上演前はマイナス思考でした。

それが松竹座の評判がとても良い。チケットも売れている。お客もたたくさん入っている。友達もみな誉めている。
期待と不安の中、ようやく12月に入って演舞場へ。いや〜!おもしろかった!

年齢問わず、誰でも難しいことを考えずに、気軽に楽しめるお芝居。しかも役者も上手い、作りもしっかりしている、内容も魅力的という条件を満たす芝居は、実はなかなか少ないのかも。(演舞場だと正和様の芝居などが、その要素を満たしていると思う。)

特に感心したのは、普通のお芝居の中に歌舞伎のエッセンスをきちんと取り込んでいるというところ。これがただ「取り入れました」というのでは無く、きちんと歌舞伎を踏まえたうえで、この芝居の一部として機能している。
これは本当に長年スーパー歌舞伎等を行っている、一門の人たちの手柄でしょう。ここ数年、歌舞伎以外のフィールドから来た演出家の作品がヒットしている。もちろん私も好きな作品もある。ただ「歌舞伎の手法」を効果的に取り入れるという点では、残念ながら劣っている。こればかりは澤瀉屋一門のやってきたことを、見習って欲しいです。

澤瀉屋ファンとして嬉しかったのは、過去の猿之助さんの代表的な演目のパロディが、色々と盛り込まれていたこと。これは歌舞伎好きな人から「ニヤリ」ときます。こういう所のオタ心のくすぐり方も、実に上手く出来ていた芝居でした。

役者陣では何と言っても猿弥さんが素晴らしい。もう凄い役者ですね。いつも感心させらけるのは、誰と組んでもしっくりくる、という点。こんな上手くて味のある歌舞伎俳優さんが、今年一年歌舞伎座の舞台に立っていないって、ちょっとおかしいんじゃないか?来年は幅広い活躍の場が用意されるよう、ファンとしては切に願います。
右近さん、春猿さんもキッチリとした芝居で実に良かったです。

ただ笑也さんは私は微妙でした。綺麗な顔でおかしいことをしているから、とりあえず観客にはおもしろいのだけど…。(綺麗を保つも、才能と努力だとは思うけど。)

芝居の作りに関しては、ほぼ誉めておりますが、細かいところで実は不満な点もちらほら…。
最大の不満は音楽。結局三国志やタケルで聞いたことりあるメロディ。美術・装置がいつものスーパー歌舞伎とは、かなり傾向を変えて効果的だっただけに残念。
直美さんと右近さんの歌も、もっとキー合わせてあげれば良いのに。
それと殺陣のつけ方がいまひとつ。いつもの歌舞伎風の立ち回りとは違うから大変とは思うが、どうにも見栄えがせず残念でした。

色々書きましたが、想像以上に楽しい舞台で、大満足でした。チケットは楽まで完売!
posted by 花梨 at 22:42| Comment(5) | TrackBack(4) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笑也さんの存在って、最近微妙にずれていますね。
6月の三越があるようですが・・・名前ないようですし。

猿之助さんが、戻るまでみなさん、がんばっていただきたいって願っています。
Posted by harumichin at 2005年12月24日 02:36
もの凄い入れ違い…。今そちらのブログを拝見してコメント書いてしました!

笑也さん、正直古典で見るより、スーパー歌舞伎や、西太后などで見る方が、この方の場合は好きなのですよ。俳優さんとしてたは、とても魅力ある方だと思いますが。

でも澤瀉屋の方はみな大好きなので、今後も見続けて行くつもりです。
Posted by 花梨 at 2005年12月24日 02:49
こんにちわ〜
楽しかったですねぇ。
澤瀉屋ファンは引いたのですねぇ。
直美ファンもちょっと…だったんですけど、結果は、直美ちゃん贔屓としては大満足っ!
来年の上再演を切望しますっ!
Posted by こてん at 2005年12月28日 12:05
こちらにもTBさせていただきましたm(_ _)m
私もこてんさん同様、毎年12月演舞場のシリーズにして続けていって欲しいと切望しております。
Posted by ぴかちゅう at 2005年12月29日 03:14
こてんさん、こんにちは。
ひいたというか、12月は歌舞伎座を期待していたので。結局一年間歌舞伎座無し?と思ったら、どんよりしちゃいました。
いや、結果として芝居の内容には大満足ですよ!

ぴかちゅうさん、いつもありがとうございます。
再演は希望なのですが、12月はずっと一門は歌舞伎座だったので…。ちょっと複雑でしあるというのが、本音です。
Posted by 花梨 at 2005年12月29日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

スーパー喜劇 狸御殿
Excerpt: 「喜劇」ってついていて、笑いだけでなく暖かさが胸に来た{/fine_face/} 藤山直美さんの持ち前のユーモアさと、暖かさなのでしょうか。 芝居を見終わったと、チャップリンの映画をみたときのような、..
Weblog: 花がいっぱい。
Tracked: 2005-12-24 01:29

スーパー喜劇 狸御殿
Excerpt: この冬一番の寒気が私めがけて〜!北風ピープー、どころじゃねぇ木枯らしパープー!!落ち葉の大群がグルグル渦巻く、ここは銀座〜。イタッッッ!葉っぱが鼻に直撃〜!クッソ〜何なんだよォ〜ォ〜。おっとおっとおっ..
Weblog: 古典めざましタイ
Tracked: 2005-12-28 12:00

東京浅草新仲見世のMIYOSHIYA
Excerpt: 今年、2005年8月8日付の記事「浴衣生地のシャツ 」で綴らせて頂きました、 浴衣の生地で作られた「和」テイスト溢れるシャツ。 この浴衣生地のシャツを販売していているのは、1903年(明治..
Weblog: 龍の目
Tracked: 2005-12-28 22:43

05/12/11 『狸御殿』でスーパー歌舞伎と人情喜劇の融合
Excerpt: 今年の6月に鈴木清順監督の映画『オペレッタ狸御殿』も、実はこの舞台を観るための予習だった。残念ながら映画はあまり面白くはなかったのだが。しかし先月の松竹座の劇評が『演劇界』1月号にあって、なかなかの舞..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2005-12-29 03:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。