2005年12月10日

『ジキル&ハイド』

『ジキル&ハイド』 日生劇場 

演出=山田和也、ジキル(ハイド)=鹿賀丈史
ルーシー=マルシア、エマ=鈴木蘭々、アターソン=石川禅、ダンヴァース=浜畑賢吉、大須賀ひでき、林アキラ、丸山博一、宮川浩、荒井洸子、有希九美、他。

ジキル&ハイドといえば、一度は耳にしたことのある、有名な物語。そのミュージカル版で日本では三度目の上演。私は今回が初めての観劇。
いや〜!無茶苦茶おもしろかったっっっ!!!今まで見てなかったことを大後悔。素晴らしい!余りに良かったので、早々に再観劇を決意。

主演の鹿賀さんは圧巻。冒頭からお客さんをぐっと惹きつけている。ジキルとハイドの演じわけ、切り替わり、ジキルの苦悩、凄い、凄すぎる。ただ手を伸ばすだけ、それも別人間になっている。
鹿賀さんの歌が好きなのは、ちゃんと演技している歌であるとうこと。もちろん佇まいとか、演技あってのものだけど。『レ・ミゼラブル』のSPバージョンの時も感じたけど、鹿賀ジャベールが冒頭登場しただけで、劇場の温度がすっと下がったように感じるくらいの佇まいをもっていた。やはり鹿賀さんは凄い。

鹿賀さん以外で私の一押しは、ジョン・アターソンの石川禅さん。鹿賀さんの癖のある演技に対して、すっきりした芝居。でも存在感ありで、人柄をしっかりと表現していた。
あとはアンサンブルの方々がみな素晴らしい!大須賀さん、林アキラさん、宮川さんなどのベテラン勢に加え、注目は新聞売りの阿部よしつぐさん。美声に聞きほれました。

絶対にもう一度見ます。見たらまた感想書きます。

本日のアクシデント。マルシアさん、足怪我した?一緒に観劇した人間がいち早く気が付いたのだけど、二幕最初、エマとの歌の辺りで階段でがくっとなったらしい。その後は足にがっち
りテーピング巻いてたけど、芝居中は全然判らないくらいでした。カーテンコールはさすがに辛そうで、隣の石川さんが腕をとっていました。
まだ公演は続きます。キツいと思うけど、頑張って欲しいです。
posted by 花梨 at 23:56| Comment(9) | TrackBack(5) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
yopikoさまのところから、伝ってやってきました。他にお見かけしたことがあるお名前も並んでいたので、いきなりトラックバックさせていただいてしまいました。
ほんっとに素敵な舞台でした。ぜひ、また御覧になって感想を書いてくださいね。楽しみにしています!
Posted by こやま@持続する夢 at 2005年12月12日 00:32
冒頭の鹿賀さんのソロ、あれでぐっと引き付けられますよね!
新聞売りの方、すっごく美しい声でしたね〜声も高めで、遠目には線も細く感じたので一瞬女性かと思ってしまいましたが・・・印象に残ってます☆

マルシアさんの件、大事じゃないといいんですが。まだまだ舞台は続くので、みなさん大きな怪我なくあって欲しいです。
Posted by yopiko at 2005年12月12日 01:41
こやまさま、こんばんは。訪問ありがとうございました。新感線の話題満載のこやまさまのブログ、よく覗いておりました。

ほんっとに『ジキル&ハイド』良かったです。曲、物語、出演者、みな良かった〜。ただ今チケットを探し中です。再観劇が叶いましたら、また感想書きます!

Posted by 花梨 at 2005年12月12日 01:45
ぐすぐすコメント書いたら入れ違いに…。
yopikoさん、こんばんは。前回もご覧になっているのが羨ましいです。

マルシアさん、ホントに大事無いと良いですね。高いヒールで階段を降りるのはかなり大変そう…。
Posted by 花梨 at 2005年12月12日 01:54
わたしも11日の日曜日に観てきました!
(マルシアさんは10日に怪我したのですか? 全然気が付きませんでした)
石川禅さんファンの友人と行ったのですが、禅さん本当によかったですよね〜。ワタシは実は初鹿賀さんだったのですが、特に演技に圧倒されました。
見終わって、なんかミュージカルというよりストレートプレイを観たような感じがしました。面白かったです。

あ、そうそう。10日は客席に別所さんがいたそうですよ。花梨さん、気づかれました?

Posted by うり子 at 2005年12月12日 21:11
初めまして☆TBさせていただきます。
鹿賀さん、ジャベールやられているのでハイド博士の
医師としての職務奴隷のような感じが出ていたんですかね。
阿部さん、レミゼに出ているんですよね。
今回はプログラム観て気が付きました。
Posted by fortheday at 2005年12月12日 23:56
うり子さん、いつもありがとうございます。
ええええ!別所さん来てたのですか?あんなでかい人(苦笑)、何で気が付かなかったのだろう…。
マルシアさん、翌日は元気みたいで良かったです。

forthedayさん、はじめまして。訪問ありがとうございます。
阿部さん、凄い美声でうっとりでした。レミゼは中日・日生と出演するみたいです。
Posted by 花梨 at 2005年12月13日 01:19
夜更かしして感想をアップしたのでTBさせていただきました。
とってもアダルトな作品で、観れば観るほどいろいろと解釈できて楽しみな作品です。
カテコで4演もやると鹿賀さんが決意表明されましたから、次回も通わねばならぬとこちらも決意です。
Posted by ぴかちゅう at 2005年12月29日 03:09
ぴかちゅうさん、こんにちは。TBありがとうございます。私もTBさせて頂きました。
千秋楽レポ読みましたよ!鹿賀さん、4演もやると宣言されたのですね!嬉しいです。
Posted by 花梨 at 2005年12月29日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ジキル&ハイド
Excerpt: ミュージカル Jekyll & HYDE 『ジキル&ハイド』 原作:R.L.スティーヴンソン 台本/作詞:レスリー・ブリカッス 作曲:フランク・ワイルドホーン 上演台本/詞:高平哲郎 演出:山田和也 ..
Weblog: 持続する夢
Tracked: 2005-12-12 00:05

『ジキル&ハイド』
Excerpt: 2005/12/6-18:30開演 日生劇場 2003年にこのミュージカルを観て、感激したことが忘れられず、再演が決まったときから楽しみだったミュージカル♪ ただし、初めて2階のB席で観劇しま..
Weblog: The only chance in my life
Tracked: 2005-12-12 01:21

ジキルとハイド
Excerpt: 今回は映画じゃないです 鹿賀丈史主演の舞台です 今日、日比谷の日生劇場行って見てきたんですけど すばらしいですね 人間の中に絶対にあるものをテーマにしてるとことか 自??..
Weblog: 映画バカ 〜エンターテイメントバカ〜
Tracked: 2005-12-12 05:22

二重人格
Excerpt: 観劇の部 ・ジキルとハイド 観たのは少し前なんですが、どう書こうか考えていて キリスト教的な解釈で読み解くか 沙翁の『まちがいの喜劇』に題を取った 萬斎師代表作の『まちがいの狂言』で読み..
Weblog: 見果てぬ夢
Tracked: 2005-12-13 00:05

05/12/28 『ジキル&ハイド』千穐楽、鹿賀丈史一門でもう一度!
Excerpt: 鹿賀丈史が日本初演してからずっと大事にしている『ジキル&ハイド』の再再演の千穐楽を前から2列目センターブロック通路脇席で観る。鹿賀丈史ファンの私はもちろん三演ともしっかりおっかけている。再演の時の感想..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2005-12-29 02:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。