2010年05月22日

モンテネグロ、ボスニア クロアチア・スロベニア等周遊13日間 その7

8日目はモンテネグロへ。2006年に独立したばかりの新しい国です。
モンテネグロとは「黒い山」という意味で、バスの窓から見える風景は、まさにごつごつした山。

DSC04292.JPG DSC04303.JPG

お昼くらいにコトルに到着。お昼はスカンピ。なかなか美味しい。しかもビールやワインが安い。
コトルも世界遺産に登録されています。城壁、聖トリフォン大聖堂、聖アンナ教会などを観光。
聖トリフォン大聖堂は素晴らしかったです。とはいえ連日城壁ばかりで、少々飽きが…。

ドブロブニクに戻る時に、帰りは渡し舟というかフェリー(大型バスが3台くらい乗る)で。
バスや車がどんどん乗るのが面白かった。

この日の夜はドブロブニクの旧市街で。夜の旧市街はライトアップされていて、とても綺麗です。
海の見えるレストランで魚介三昧。ムール貝のリゾットは、やや味が濃いけど美味しい。
メインのイカは美味!景色も素敵で楽しかったです。

DSC04327.JPG DSC04318.JPG

9日目はドブロブニクを離れ、ボスニア.ヘルツェゴビナ経由で北上。
途中再度ネウムに寄るが、色々な国の観光バスが大挙しており、大混雑に。
大人数のツアーだから、時間に余裕が無いのは判るが、トラ○ックスのマナーの悪さに閉口。

3時間ほどバスで走って、ボスニア.ヘルツェゴビナの首都サラエボに続く第二の都市、モスタルへ。
行く前にざっとこの都市で何があったかを読んだけど、実際行くと、旧市街の美しさと内戦の傷跡の対比に言葉を失う。

旧市街に流れる川を境にして、西側はムスリム人の地区、東側はクロアチア人の地区。
川の西と東で結婚したり、親戚がいたりしたのに、戦うことになりました。
そして川に架かっていた橋は、爆破されました。その映像は残っており、モスタルの街でいつでも見ることが出来ます。
今はひの石橋は修復されていますが、「Don't Forget」の言葉が残っています。

DSC04338.JPG DSC04340.JPG

旧市街は本当に本当に綺麗です。お土産もの屋さんもたくさん。
でも旧市街の外には、まだまだ崩壊した建物が残っていました。
それでもそんな建物の並ぶ中、車がびゅんびゅん走ってます。生きるバワーって凄い。
その車の中、ひときわ目立つ黄色い市バスのボディには「日の丸」。日本からの贈り物です。

素晴らしかったモスタルのあと、6時間かけてプリトヴィツェへ。
行程中はよく寝ていたので、余り長さを感じず。
目が覚めたら、森の中で驚きました。明日はプリトヴィツェ国立公園です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。