2006年11月04日

「ウーマン・イン・ホワイト」

笹本玲奈5年半ぶり舞台単独主演

スポーツ報知の記事より。
来年11月の「ウーマン・イン・ホワイト」(東京・青山劇場)ですが、別所哲也氏も出演の模様。
アンドリュー・ロイド=ウェバーの作品なので、四季以外の上演は意外でした。製作はホリプロかな?演出は誰だろう。

ウーマン・イン・ホワイト (英語)

11/5(アッキーと今井さん誕生日だ)追記:情報頂きました。ZZさんありがとうございます。
演出は文学座の松本祐子さんとのことです。『サムワン』『ピーターパン』等、ホリプロ作品と関わりある方です。
posted by 花梨 at 13:37| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居他・今後の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

tick,tick...BOOM! 簡易感想

再観劇を予定しているので、詳しい感想はその時に。CDも買ったし、二回目は予習万端で挑む予定。
多分見れば見るほど、スルメのように味わえる作品だと思う。大楽の横浜も見たい所だけど、すでに予定有で無理。残念。

tick,tick...BOOM! 世田谷パブリックシアター     

ここの所、不作が続いていたので、やはりきっちりと作っている作品は良いなぁと再認識。
演出の吉川徹さん、主演の山本耕史くん。全く迷いが無く、この作品に対する愛情で溢れている。その強い意志の前には、多少日本語が聞き取れなくても、全く気になりません。
私、吉川徹さんの演出、かなり好きかも。購入したCDの吉川さんの解説が泣けました。
セットも照明もセンス良いし、バンドも格好良いし、素敵な時間でした。

それにしても東宝やらホリプロやらのミュージカル老舗大手さんより、別の所から出てきた作品の方が全然おもしろいよなぁ。
最近だったら『ゴルフ・ザ・ミュージカル』とか、気がきいていてヒットでしたもの。

早速『tick,tick...BOOM! 』のCDをリピートしてますが、実に良いな〜。日本版も出して欲しい。来日版『RENT』は一回しかチケット取っていないのだが、リピしたくなったらどうしよう。11月はまた観劇本数が莫大なんだよな…。
posted by 花梨 at 01:56| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。