2006年11月03日

『オセロー』

先日『ペテン師と詐欺師』の感想を、メチャクチャ辛口で書きましたが、まさかその数日後に、またもやワースト候補の芝居を見るとは…。

『オセロー』 幹の会+リリック
東京グローブ座
作=W・シェイクスピア
翻訳=小田島雄志  演出=平幹二朗


芝居の内容以前に、なんなんですかのセットは。上手と下手に壁みたいなセット置くものだから、真ん中での芝居が舞台前方ギリギリまで出てきてくれないと、全く見えない。
芝居中の半分以上が見切れるのだから、これはもう評価とかそういう問題じゃないでしょう。センターの10席くらいしか、まともに見えないのでは?
一応私は一階前方で見たのですけどね。

グローブ座みたいな、円形に近い客席で、あんなセットを組むなんて…。今年グローブで他に3本見ましたが、皆さん円形を生かしてましたよ。
リリックの芝居は初体験でしたが、いつもあんなに客無視なのでしょうか?アンケートにもきっちり書きましたが、そもそもアンケートを書く人がいなかったなぁ。

しかしこの内容でチケット代8000円。多少安く譲って頂いたチケットですが、それでも金返せでした。
りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ 『オセロー』が、いかに素晴らしかったか思い知りました。

続きを読む
posted by 花梨 at 02:36| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。