2006年10月28日

『ペテン師と詐欺師』 天王洲 銀河劇場

昨日の記事で、つまんないわ、金かかってないわ、安っぽいわで、1万以上取る芝居もあると書きましたが、書いた翌日にそんな芝居を見るとは(泣)帰宅して、即効メタルマクベスDVDみて口直しです。

『ペテン師と詐欺師』 天王洲 銀河劇場 (旧アートスフィア)のこけら落とし公演

大好きだった『34丁目の奇跡』を追っ払った、天下のホリプロ様のこけら落とし公演で、こんな平凡な芝居を恥ずかしくもなく上演するよな、と呆れました。しかも再演決定って…。
この芝居に関しては、私はかなり怒ってます。このブログを開設してからの、怒り狂い観劇ベスト3にランクインしてます。
芝居そのものとしては、決してダメダメという訳じゃないですよ。ただね、これだけの資金力、これだけの出演者集めて、この出来?もっと、もっと出来るでしょう?製作側は、手抜いてるのか、客なめてんのかと…。
なのでこの芝居が良かったという方は、ここで読むのを止めてください。いや、ホントのホントに、今回はぼろぼろな感想ですから。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:17| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。