2006年10月21日

獅童流森の石松 新橋演舞場

全然期待しないで行きました。脇役が良い役者さんが揃っていて、興味はありましたが、やはり食指は動かず。結局橋本じゅんさんのファンの「行こう」という強引な誘いで、観劇したい次第です。(私もじゅんさん好きだけどさぁ…。)
それが意外におもしろかったのですよね。普通にまとまった良いお芝居でした。

獅童流森の石松 詳細なストーリーは公式サイトへ

二重構造になっています。獅童さん(演出家の石井&森の石松)とじゅんさん(脚本家の松田&松五郎)のみは、現代版も過去版でも同じ人間です。

一幕の約三分の二が現代版。演出家の石井と脚本家の松田のコンビで、はじめて大きな劇場で芝居をかける。
この現代版の部分がいまひとつおもしろみがなく、「つまんないじゃないか」と来たことを、やや後悔しておりました。

獅童さんの役は芝居が上手くいかない演出家。そのイライラを周囲にぶつけるのだけど、声もかなり枯れていたし、台詞が一本調子でただ怒鳴るだけで、いただけず。
頼みのじゅんさんも病弱な役所なので、役上ハジけられない。笹野さんと日出子さんがさすがの貫禄で舞台をもたす。こんな具合の芝居が終演まで続くのかと、ちょっとうんざりしていた。

でもいよいよ石井と松田が過去に飛ばされた辺りから、俄然おもしろくなってきました。

続きを読む(ネタバレ有)


posted by 花梨 at 02:21| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。