2006年09月05日

タナボタ企画 『NOTHING BUT MUSICALS ゴージャス〜SHOWしま賞!!〜』

公演も終わりネタバレ解禁となりましたが、観劇したのが初日で記憶が薄い!おもけに終演後のレミゼキャストスケジュール発表で、薄いどころか吹っ飛んだ!
なので、ホント印象に残ったことだけ。

大昔にシアターV赤坂で上演した時に、実は観に行ってます。ただいわゆる学園祭ノリみたいなのが強くて、ちょっと苦手かも、と敬遠してしまいました。
でも今回はゲストが豪華だしと思い久々に出掛けましたら、これがおもしろかった!

タナボタ企画 『NOTHING BUT MUSICALS ゴージャス〜SHOWしま賞!!〜』

2006年9月1日〜 3日 日本青年館大ホール
【出演】林アキラ・岡幸二郎
【GUEST】今井清隆・伊東恵里・シルビア・グラブ・笹本玲奈 他
【MUSICIAN】柏木玲子(Electone)、江尻憲和(Drums)+林アキラ(Electone)


今回はトニー賞の曲、ということだしが、日本では上演していなものもあり、知らない曲の方が多数でした。(どこかで聞いたことある…でも思い出せない感じも有。)
でもそれをしっかり、魅せて、聞かせてしまうのはさすがです。

真面目な話はおいといて、もう今回はキーヨ姐さんが全てをもってきました!
二幕最初の『SWEET CHARITY』より「Big Spender」。花魁の皆様が出演〜!岡さんも美しかったですよ、頭の飾りが凄くて。でも私の目はもうキーヨ姐さんに釘付け。のひげ面花魁なのに美しい!今井さんもノリノリ。
この時気になったのは、キーヨ姐さんのメイクがやけに綺麗だったこと。このネタは後のMCで明かされました。
キーヨ姐さん、わざわざ同じ事務所の篠井英介さんに、メイク指導して貰ったそう!

キーヨは他にも大活躍。アニーでは犬の被り物でサンディになったり、オペラ座の怪人では、迫力あるファントムを聴かせてくれました。
しかしオチにしょぼいシャンデリアの落下…。バースディケーキくらいの大きさでした。

あれ?結局キーヨの話ばかり(苦笑)

『A Chorus Line』よりの「At The Ballet」は、女性三人のハーモニーが凄く綺麗だった〜。
タイトルが判らなくなってしまったが、男性三人の曲も良かった。
衣装もみな素敵で(早変え大変そう)、席も前方だったので、たっぷり楽しめました♪


posted by 花梨 at 23:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。