2006年08月09日

バルジャンズ(今井清隆VS石井一孝) レポ1

一日たっても興奮冷めやらず。バルジャンズ、本当に楽しかった!元々カズは大好きでしたが、今井さんにもぐらぐらです。
会場のお客さんの、二人のファンの比率はどうだったのでしょう?私のテーブルは圧倒的にカズでした。同じテーブルの人とも和気藹々出来て楽しかったです。

曲順を覚えている限りアップ。ソロコーナー以外は全て二人で唄ってます。

「スタンド・バイ・ミー」
「スカボローフェア」 サイモン&ガーファンクル 今井さんのギター付き
 曲名失念してましたが、yayaさんのブログで補完させて頂きました。

昭和歌謡メドレーコーナー(順番は違うかも…。タイトルも間違ってたらごめんなさい。)
「恋の季節」 ピンキー&キラーズ
「恋のバカンス」 ザ・ピーナッツ
 ザ・ピーナッツの曲がもう一曲あったと思うのだけど覚えてないです。
 →「恋のフーガ」だそうです。ashさん補足ありがとうございます。
「星降る街角」 
「ラブユー東京」
 途中今井さんの不思議な振付が飛び出す。
 二人はホストだそうです。客席に降りてくれました。
 おもしろトーク多々飛び出す

二人のソロコーナー
「レイディ・ブルー」 石井さんソロ、ピアノ付き
「This is the moment」 今井さん、鳥肌もの
 名言「校舎の裏」はここで誕生
 お二人は衣装チェンジ

『レ・ミゼラブル』コーナー
「告白」(今井バル&石井マリ)
「対決」(石井バル&今井ジャベ)
 レ・ミゼ裏話トーク

アンコール
「彼を帰して」(今井さんのギターに合わせて二人で輪唱)

トークは「ここだけ」の話が多くて、アップ出来ません〜。思い出したら差し支えの無い範囲で書いていきます。
昨日の疲れで激ネムなので、取り急ぎここまで。
目の前を通った石井さんは良い香りがしたわ〜。(怪しいぞ、自分)


posted by 花梨 at 00:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。