2006年04月17日

『レ・ミゼラブル』 4/13 ソワレ

ブログのテンプレートを変えてみた。seesaaのブログ、使いやすさはホント良いのだけど、とにかくテンプレートの数が無い。
自分でカスタマイズを少しだけしたりしたが、やはり技術が追いつかないので、「ブログ・テンプレート Seesaa」から借りてきた。見やすくてなかなか気に入っている。

さて、今更だけど『レ・ミゼラブル』 4月13日(木)ソワレ(別所・岡・ANZA・井料・剣持・岡田・佐藤・瀬戸内・坂元)の感想。今更なのでホントボイントだけ。

今回の観劇の私的最大の見所は、バルジャンとジャベールの対決!凄かったです。火花が散っていました。
特に二幕の対決、砦での対決、下水道での対決。大迫力でした。

砦での対決は、岡さんこんな演技だったっけ?というくらい、自分を逃がそうとするバルジャンへの詰め寄り方が凄い。バルジャンに対して、職務だけではない複雑な感情が見えて、ちょっと衝撃的な演技だった。

下水道のバルジャン。私は砦〜下水道に関しては、別所さんの演技が大好きだ。ここだけは余りに自分の好き度が大きすぎて、申し訳ないけど今の私は別所さんでしか見たくない。
マリウスの運び方、上の光の見上げ方、絶妙。

そしてジャベールとの対決。ここのバルジャンの叫びは、血を吐くような必死さ。ジャベールの信念の揺らぎ。

二人の濃いドラマを見たな〜というのが一番強かった。

エピローグの爺っぷりは、益々凄くなっていて、椅子までたどりつけないんじゃないか?というくらいの弱りっぷり。
毎回泣けるのだが、マリウスが「パパは聖者だ〜」だと自分をバルジャンが救ったことを話す時の、別所さんの「そんな大したことはしていない。」と言いたげに、苦しい顔を背けるのがツボ。
天に召されるバルジャンの表情がホントに素敵で…。この日も泣きました。何でこんなに泣けるのだろう?自分でも不思議です。

他のポイント。

◇角川工場長〜エロいよ、エロすぎ!手紙を返すときさぞ汚いものの扱うようにしてて、丁寧に自分の手まで拭いてて、笑った。芝居細かい〜。

◇前回批判したジャベの銃を奪う学生たち、今日は全く気にならず。前回のことは忘れることにした。

◇やっぱ岡田マリウス良いよ!バルジャンに向ける冷たさが、結婚式、エピローグと上手く繋がっている。エピローグでもなかなか笑顔にならず、後悔している感じで、とても良かった。
たまきさんの自分の意思をしっかり持っているコゼットとのコンピ、本当に良かったです。

私がこの二人の組み合わせを見られるのは、千秋楽のみ。卒業?が囁かれている(噂ですよ)二人の姿をしっかり目に焼き付けたい。しかし岡田さん、なんであんなに若いんだ?


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。