2006年04月11日

『ライフ・イン・ザ・シアター』市村正親×藤原竜也

『ライフ・イン・ザ・シアター』 THEATRE1010で観劇
作:デイヴィッド・マメット 翻訳:小田島恒志 演出:ポール・ミラー
ロバート:市村正親 ジョン:藤原竜也

『レ・ミゼラブル』月間の中、先週見た一本。市村正親&藤原竜也の待望の顔あわせ、そして二人芝居。以下、ストーリーはTHEATRE1010のHPより

【ストーリー】
特にストーリーはない。二人の男優…1人は老境にさしかかりつつあり、1人は俳優になったばかりの若手…が、 劇場の中のさまざまな場所…楽屋や舞台袖…で交わす会話や、舞台の上での様子などがオムニバス風につづられる。 二人は同じ劇団に属しているのかもしれない。この劇団は、古典劇から現代劇まで比較的広範な演目をレパートリーで上演していると思われる。

続きを読む(ちょっと残念な感想です)


posted by 花梨 at 01:18| Comment(15) | TrackBack(6) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

レ・ミゼラブル 4/8 マチネ 感想 追記

12時間寝てしまった…かなり疲れているらしい、自分。今週も観劇スケジュールびっしりなので、自愛しよう。

石井さん、先日名古屋ではじめてライブを見て、その気取らない、自分を持った姿勢に凄く好感を持った。ミュージカルの活動と、自分の音楽活動と、バランスを取っていて、とても魅力的。
今後の活動が楽しみです。

ジャベールは現・三人ともしても好き。一人くらい土くさいジャベ像の人が入ってもいいかな、と思うけど。
大阪で綜馬さんジャベールにかなりハマったが、日生の岡さんは何かどうした?というくらいの凄い迫力。歌に圧倒的な力を感じる。鳥肌がたつくらいの凄まじさ。

4/1プレビュー、4/3ソワレ別所さん初日、4/8マチネと、いずれも楽しく観劇でした。先週はあと『ライフ・イン・ザ・シアター』(市村正親・藤原竜也)も観劇してます。
ここからはちょっとレ・ミゼに対して苦言…。

続きを読む

2006年04月08日

レ・ミゼラブル 4/8 マチネ 感想

4/8(土) マチネ 石井バルジャン&岡ジャベール

別所さんのバルジャンに完全に魂持っていかれて以来、他バルジャンをほとんど見ないのだけど(2005年から今まで、山3.、今井1のみ)、2003年より見ていない石井さんが妙に気になり、先日のライブでとても好感度アップ♪だったので、石井さんを観劇。他キャストもかなり好みの方々が揃っていたので、とてもとても楽しみでした。

いや〜石井さんいいね!2003年より当たり前だが、全然良くなっている。キャストのバランスも凄く良い。とても楽しかった!

石井さんは前半がとにかく良いです。苛立ちと生まれ変わり。市長時代、の後悔。別所さんに夢中になってから、どうしても他のバルジャンを見ていても、「ここは別所さんだったら…」と思ってしまうのだけど、不思議とこの日はそういった思いに囚われることが少なかった。
石井さん、どうしても「歌は上手いけど、芝居はもう少し頑張って…」という印象があったのですが、やはり俳優さんはちょっと見ない間に、成長しますね。岡ジャベールとの対決も良かったです。

続きを読む

レ・ミゼラブル 4/8 マチネ 簡易報告

石井さんのバルジャンを見たくて行きました。そして藤岡マリウスに完全にやられました。でも手持ちのチケットにもう藤岡くんが無いもうやだ〜(悲しい顔)
カーテンコールで出遅れてお花を拾えなかったリトルコゼットちゃんに、大須賀さんがお花を渡していた。
とりあえず簡易報告です。

2006年04月06日

『ペテン師と詐欺師』

『ペテン師と詐欺師』
2006年10月6日〜11月5日 
天王洲 銀河劇場(東京・天王洲) 旧 天王洲アートスフィア
出演  鹿賀丈史・市村正親
    奥菜恵・愛華みれ・鶴見辰吾・高田聖子 ほか

ここの所、多忙だったり、疲労していたり、とアンテナがすっかりしぼんでいたら、今日上記のちらしを貰った!一週間くらい前に発表になってたのね。

昨年の天王洲アートスフィアといえばべっしーだったのですが、ホリプロに運営が移り、こけらおとしがこの公演なのですね!楽しみ!

そして鹿賀さんの菊田一夫演劇大賞の受賞も知りました。おめでとうございます!ぜひまた『ジキル&ハイド』、再演してください。

@nifty:シアターフォーラムに記事が出てます。

posted by 花梨 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居他・今後の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

『レ・ミゼラブル』感想追記

4/1、4/3と観劇して、ついついCDをリピート。
どうでもいいが、ウチの人間が「アンジョの人、ロバートの秋山に似てる」とうるさい。そして「歌は素晴らしく上手いけど、ビジュアルがロバートの秋山…」とCDを聞きながら、更にうるさい。

梅田、中日と立て続けに観劇したのに、改めて見ると色々新鮮…。自分の好き・嫌いはあるにしろ、やはりハッキリした個性を出す役者さんが私は好きなのかも。可もなく、不可もなくの役者さんはちょっとつまらない。

実は私の中では可もなく、不可もなくもなくだった藤岡マリウス、多分ほとんど感想を過去書いていない。
それが今回とても良かった。声の素敵な人だったけど、その声に表情が強く出るようになったと思う。次の観劇が楽しみです。

コングさん、リリパで過去見ていたけど、まさか帝劇でテナとは、と昨年しみじみ思ったが、今回益々美声に磨きがかかっている。凄みも加わってきて、こちらも楽しみだが、余りべっしーと組んでくれないので、あとは見る機会がない…。
キャストがたくさんいると、前回ちょっとダメかも…だった人が、次は凄くお気に入りになったりして、なかなか観劇スケジュールが難しい。

今月はこんな具合にレミ一色になりつつあります。ちょっと仕事が多忙なので、レミ以外の芝居はほとんど行かれないかも…。

2006年04月04日

再会!別所バルジャン!

帝劇→日生に劇場が変わったことを忘れてた。帝劇なら仕事終えても6時開演にギリギリ間に合うが、日生だとちょっと微妙…。それでもべっしーの初日が観たい!
「定時ダッシュします。」宣言を以前からしていたら、チーム内の皆さんのご好意により早退OKに!いや、単に「別所哲也に会わせないと、拗ねて仕事しなくなったら、困るからさぁ。」ということらしい。一番年上なのに手のかかる同僚で済まん!
5時過ぎてもまだ仕事してた私に、「早く帰らないと、別所哲也に間に合いませんよ。」と言ってくれる仕事場にいる私はなんて幸せなんだろう(大笑)

でもホント浮かれて会社出て、地下鉄乗ってたら、乗り換え間違えそうになり、電車一本逃した…。いや、もちろん間に合いましたけどね。どんだけ浮かれてんだ、自分。ホントべっしーに萌えすぎ。

そして再会!別所バルジャン!ああああ!今日も感動!チケット何としても増やすわ〜(萌)

続きを読む

2006年04月02日

『レ・ミゼラブル』チャリティープレビュー

ラッキーなことにチケットが取れました!取れましたので、二日酔い(またかよ…)を「ウコンの力」で捻じ伏せ、日生劇場へ行きました!

報道陣が多数いたり、一階席の中央に演出の卓が置かれていたりと、プレビューならでは。とはいえ芝居を止めることなく、通常通りに舞台は進行していきました。

終演後は本日の大事な目的である、美奈子さんの追悼の意味を込めた、プレビュー公演であることが説明され、美奈子さんのビデオが流されました。
本国サイドが 今回のプレビュー公演の著作権を放棄したので、今回の収益は、そっくり寄付されるそうです。

もう本日の記事が出てます!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060401-00000513-yom-ent

続きを読む

2006年04月01日

4月より通常モード、の予定

4月になりました。今年1月に更に深くべっしーバルジャンにハマり、あっという間に、日生の4月です。今月はべっしー萌えです。

昨年7月にブログを開設してから、旅行中などをのぞき、はじめて更新を数日サボりました。相変わらず一年で一番仕事は多忙な季節なのですが、気力が少し戻ってきたし、いよいよべっしー初日も近付いてきたので、気合入れますよ〜。
4月はプレビューから、大楽まで、レミゼ!です。

そうそう、すでに皆さんご存知と思いますが、来年のNHKの大河ドラマ「風林火山」、武田信玄役で市川亀治郎さんが出演!
丁度飲んでた時に、携帯に友人からこのニュースがはいり、ビール吹きそうになりましたよ。亀ちゃん、大河か〜。
posted by 花梨 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。