2006年03月24日

PARCO歌舞伎 『決闘!高田馬場』 再観劇

再観劇しました。初見のときほどの興奮は味わえなかったけど、やはりおもしろい舞台でした。

一番気になっていた脚本の粗さが二度目はそれ程気にならなかったです。これは役者さんの熱演&役への深みが大きいのでしょう。
染五郎さんの安兵衛の、鬱屈した思いが今回はとても感じられたし、その安兵衛を慕うからこその又八の苦悩も、ずっとわかり易くなっていた。
(ただラストの斬りつけは…初見ほどの唐突さは無いとはいえ、ちょっと腑に落ちない。でも勘太郎くんの演技が凄くて、全然オーケーです。)

長屋の回想シーンも、実はちょっと冗長と思ったのだが、各役者さんのキャラがどんどん立っているので、テンポ良く楽しめた。
続きを読む


posted by 花梨 at 01:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。