2006年03月14日

ひかりごけ

オフィスコットーネのHP(舞台写真があります) 
THE・ガジラ党 ブログ(舞台写真があります) 

原作:武田泰淳 構成・脚本・演出:鐘下辰男

戦時中、3人の船員とともに、羅臼島沖に遭難した船長の食人事件がテーマ。食人事件といっても別にグロテスクなものではない。(私はホラー及びグロが一切ダメです。)

劇場は下北沢のスズナリ。数年ぶりに訪れたが、無事駅から迷わず行かれた。(スズナリに行こうとすると、道に迷うというジンクスが昔あった。)
風邪で観劇予定が狂ったので、当日券で突発的な観劇。貰ったチケットはD列、150人も入ればいっぱいの劇場に入ると、中央にフラットな舞台。舞台り向こうにも客席。私は手前のブロック。

舞台の上手(私の方からみて)に小さな入り口。そこから役者が出入りし、舞台は洞窟・旅館・法廷と変わっていく。
舞台上の役者は5人。(若松武史・千葉哲也・松田洋治・小高仁・品川徹)
そしてキーワードになる船長の役割がくるくる変わる。

当初この変わる役割に(特に私役の千葉さんと、男役の若松さん)上手くついていけず混乱するが、裁判の場面のはじまり方はハッとした。
老人役の品川さん(TVをよく見る方なら大河内教授でピンとくるかと。)が、凄惨なやり取りがかわされる洞窟で、ひとり別世界。ああ、この人は年老いた船長で、自分の過去をただ見ているのかな、と思う。

仲間の肉を食した船長は、裁きの場に立つ。(この裁判の場の詰問する声が良かった。)
法律に当てはまる罪というなら、これは死体損壊にあたるのか?その罪は観客が考えれば良いということなのだろうか。舞台を挟んだ客席は、真っ白なライトで照らされた。

続きを読む(ちょっとボヤキ入ります)


posted by 花梨 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。