2006年03月03日

PARCO歌舞伎 『決闘!高田馬場』 初日感想

行って来ましたよー!『決闘!高田馬場』初日。突如初日に行かれることになり、しかも良い席で、ホントにホントに手配してくれた某さん、どうもありがとう!
いきなり劇場入る前に渡辺えり子さんや、波乃久里子さんに遭遇。自分の席の近くには段四郎さんと奥様。もうテンション上がりまくりの中、初日の開幕。

前述した通り2時間以上休憩なしですが、全然飽きることなく、突っ走ります!(今日は初日のせいか、開演もちょっと押したが、135分強だったかな?トイレは絶対事前に行きましょう。)
以前澤瀉若手がPARCOで公演したときと同じで、下手通路を花道のように使います。(それほど花道を意識した使い方では無かったけど。)

いやー荒い部分も多いけど、そんなこと全く気にならないくらいの、突っ走り方。多分この芝居はどんどん良くなっていくだろうという、予感がひしひしします。

続きを読む(若干ネタバレ)
posted by 花梨 at 01:17| Comment(17) | TrackBack(8) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。