2006年03月31日

こっそりと3月のまとめ

はぁぁぁぁぁぁぁぁ、3月が終わってしまいました。
3月前半までは名古屋に行ったり、名古屋に行ったり、べっしー見たり、べっしー見たり、もちろん歌舞伎関係も楽しくて、毎日元気に過ごしていたのだけど、
実は3/17に「疲れる日」をアップして以降、かなりテンションが下がってた後半でした。(でも芝居見てるときは幸せ♪お手軽)

芝居系ブログに徹するつもりではじめたのだけど、自分のテンションはやはり記事内容に影響しますね。
4月からは自分のしっかりしたお姉さまキャラを変えていくか、仕事を変えるか、真剣に考えよう…。

3月は珍しく歌舞伎月間でもありました。歌舞伎座の夜に行かれなかったのが残念。数年前に猿之助さんが春秋会で「筆幸」を上演したのですが、これがもう絶品で。狂気におちる場面は毎回泣きましたし、また亀ちゃんの娘が哀れで、けなげで…。
私も全部みたわけではありませんが、春秋会は素晴らしい芝居が多く、アンチ澤瀉がまだ幅をきかせていた時代でしたら、「とにかくこれ見ろよ!見てないのでえらそうに批判して!」と憤っていたものです。

そういった意味で今、改めて3月の国立が評価されているのは、喜ばしいことです。この調子でどんどん猿之助さんの素晴らしい復活狂言を、じゃんじゃん上演して欲しいです。

3月は何といってもPARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」。これは本当におもしろかった。
ようやくWOWOWの放送を見ましたが、やはりおもしろすぎ。「歌舞伎か、否か」だの「脚本が粗い」だの言って楽しめない人に、同情してしまう。
以前も書いたけど、ちゃんと「歌舞伎」に敬意を払い、歌舞伎の手法をうまく取り入れている点に好感が持てますし、多分稽古中にも色々アイデアが出て、その度出演者・スタッフえらい大変だったろうけど、全員一丸となってやるぜ!で、あの空間が作り上げられたのだろうな〜という印象。イチ演劇ファンとしては、凄く幸せにしてもらえた芝居でした。

しかしアンチ澤瀉の方々が、やれ野田だ串田だ蜷川だと、やたら喜んでいるの見ると、何だかな〜と思う。あれだけ猿之助さんが素晴らしい復活狂言を長年創り続けたのに、一切スルーだったのにね。

さあ4月は芝居も見るが、飲みまくりたい、そんな気分。
posted by 花梨 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

ホントに雑記です

国立の楽の一部に行かれなかったのは、別所哲也さんのファンの集いに行ってたからです。澤瀉ファンの友人には、裏切り者扱いされてます。スミマセン…。

生べっしーの足の長さや手の大きさに感動ハートたち(複数ハート)したあとは、一年で一番仕事が忙しい時期になりました。
昨年はこの多忙な時期に風邪で寝込み、おかげで『ヤマトタケル』最前列のチケットを泣く泣く諦めるという事態に陥ったりしました。

平日の芝居行きは極力控えていますので、更新も多分週末メインになると思います。あー、でも時間あれば、あの芝居もあの芝居も行きたい…。
posted by 花梨 at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

「當流小栗判官」千穐楽

国立劇場の「當流小栗判官」、本日千穐楽でした。
生憎私は二部のみの観劇でしたが、一部を見た友人によると、橋蔵が色々とやらかしまして、猿弥さんが吹いてしまったようです。

二部は最後にご挨拶がありました。猿之助十八番の狂言のひとつを、はじめて国立劇場で上演することの嬉しさ、またこのような機会で皆さんにお目にかかりたい、といったようなニュアンスの言葉が、右近さんからありました。

もうもう同意です〜!
今月の国立劇場で何が嬉しかったって、猿之助さんが創り上げた素晴らしい復活狂言のひとつが、上演されたということですから!
よく空席が目立つという言葉を目にしましたが、国立劇場の歌舞伎公演、大抵空席目立ってますし。
逆に澤瀉若手だけでよくあれだけのお客を動員したというのが、私の印象です。

本当に今月の成果が今後に繋がって欲しいです。まだまだ猿之助十八番には素晴らしい演目がありますから。(私も見ていない演目が…。)
posted by 花梨 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(1) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

PARCO歌舞伎 『決闘!高田馬場』 再観劇

再観劇しました。初見のときほどの興奮は味わえなかったけど、やはりおもしろい舞台でした。

一番気になっていた脚本の粗さが二度目はそれ程気にならなかったです。これは役者さんの熱演&役への深みが大きいのでしょう。
染五郎さんの安兵衛の、鬱屈した思いが今回はとても感じられたし、その安兵衛を慕うからこその又八の苦悩も、ずっとわかり易くなっていた。
(ただラストの斬りつけは…初見ほどの唐突さは無いとはいえ、ちょっと腑に落ちない。でも勘太郎くんの演技が凄くて、全然オーケーです。)

長屋の回想シーンも、実はちょっと冗長と思ったのだが、各役者さんのキャラがどんどん立っているので、テンポ良く楽しめた。
続きを読む
posted by 花梨 at 01:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

べっしー@健二さん、良かった!

はい、NHK朝の連続テレビ小説「風のハルカ」です。
てっきり昨日で健二さん出番無しと思い、朝出勤前に見ずに行きました。(そして都心は電車が止まり大変な目に…。)もちろん録画はしたけど。

帰宅して録画見て、叫びました!
別所哲也@青木健二さんと、真矢みき@木綿子さん、無事ハッピーエンド♪
大阪編のべっしー@青木健二さんが、本当に素敵で…。すれ違いがちなハルカちゃんと木綿子さんの間を取り持ったりしたりして、これで木綿子さんと破局だったら暴れるよ!状態だった今週。
てっきり昨日の放送で、二人はお別れと思ったよ〜。あー、良かった。いっけいさんも良い男だった。

「風のハルカ」大阪編では料理したり、食事したり、阿波踊りしたり、もうべっしーファンを大変楽しませてくれましたが、湯布院でも、大きな足のアップとか、湯のみを持つ大きな左手とか、広い背中とか、コート姿とか、何かもうたまりませんでした♪

(萌えてないで、国立とPARCOの感想書けよ…。ただ今ケーブルTVでWBC決勝の再放送に見入り中。)
posted by 花梨 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居以外・感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ちょっと歌舞伎三昧な日々

ちょっと不調につき、更新滞ってます。コメント返しも出来てません。ごめんなさい。
不調の癖に花梨宅は野球好き一家なので(野球のためにケーブルTVに加入したようなもの)、WBCのおかげで、祝杯あげまくり、余計不調…バカだ…。
でも今週は毎朝べっしーが見られて幸せ♪

一応、国立一部・二部の再観劇、歌舞伎座昼と見てきて、本日はPARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』を再観劇!ちょっと歌舞伎三昧な日々。
楽しみです!感想はぼちぼちアップしていきます。
今日は調子にのって、日生の『レ・ミゼラブル』のプレビューのチケットまてゲット♪嬉しい♪
posted by 花梨 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

今週のテレビ

週末は国立劇場で『當流小栗判官』。澤瀉熱復活のおもしろさ♪
初見の時は一部の方がおもしろい!と思ったが、二回目は二部の方がおもしろく感じた。何故?
席が一度目は1部・一等A、二部・二等、二度目は逆だったせいかしら?

忘れない為に今週のテレビ。

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」 テレビ朝日系局
3/20(月)〜24(金) 13:05〜13:20
何と市川春猿さん、出演!春猿さんの公式HPで拾ってきました。

「風のハルカ」 NHK朝の連続テレビ小説
今週は別所哲也演じる青木健二さん祭りらしい!お願い!木綿子さんと幸せになって〜!!

posted by 花梨 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居他・今後の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

『レ・ミゼラブル』in 名古屋 4

本日はついに『風のハルカ』に、健二さん再登場〜♪12:58になっても出てこないから、先週の予告は幻か、夢のように消えた〜♪と思いましたよ。

普段はなるべく簡潔な感想にしようと心掛けているのだけど、なかなか難しいですね。そして今回は何でこんなに長いのでしょう。

別所さんのバルジャンを見た時、これは10年先まで楽しめるバルジャンだわ♪と思った。もちろんどんな役者さんも、年月見ていると色々楽しいのだが、直感的にそう思わせる何かがありました。実際2003帝劇、2005帝劇、2006梅田、2006中日と、どんどん進化していくバルジャンだと思う。

続きを読む

2006年03月18日

蜷川さんやはり働くな〜「悲劇」

7月に「あわれ彼女は娼婦」が上演され、その後が「エレンディラ」かと思っていたら、9月に藤原竜也くん主演でギリシャ悲劇「オレステス」をシアターコクーンで上演するそうです。

藤原&蜷川黄金コンビ初の「悲劇」 

野村萬斎主演の「オイディプス王」は見たけど、余り好きではなかったが、藤原くんの出る作品は、私的にはアタリ率が高いので、楽しみです。
そういえばこの芝居、随分昔に鈴木忠志さんの演出で一度見てた。この時は確か姉エレクトラ(今回は中島朋子さん。)の方が、中心になっていた気が…。でもかなり前なので、記憶が薄い(苦笑)
posted by 花梨 at 23:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居他・今後の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓流『ジキルとハイド』

鹿賀さん主演の日本版にメチャハマり、シアターテレビジョンで放映されたBW版を見たり、1994年に発売されたCD「The Complete Work」を聞いたりして、『ジキルとハイド』というミュージカルの奥深さ、演出・コンセブトによっての解釈の違いがおもしろくて、韓国版の来日も楽しみにしていた。

まぁ事前にちゃんと確認しなかった私が悪いのだけど、演出はBW版と基本一緒だったのね。上記の通り演出の違いでどう見せてくるかに一番興味があったので、かなり拍子抜けしてしまった。しかも私、BW版の演出がかなり苦手だったもので…。

(追記:私が映像でみたBW版のクレジットされている演出家さんは別の方でした。確かどこかでDavid Swanの名前は見たのだけど〜。とはいえ構成等・演出等はほぼ一緒です。また調べてみますが、詳しい方、謎を解決してください〜)

ストーリーの流れとしては、David Swanの演出は非常に判りやすく作ってる。ルーシーとの関係や、最後のジキルの死など。日本版は観客の想像に委ねる場面が多い。(そこが好きなんだけどね。)
それと上流と下流の差をハッキリ打ち出している点も好き。(日本版は何故この辺りを現さないのかな?)

「Jekyll & Hyde BW版」の感想(1/29の記事)

韓流「ジキルとハイド」 来日公演 公式HP(映像が見られます)

ちょっと気になったのは、演出のDavid Swanの名前がちらしに記載されていないこと。字幕のクレジットに出てくれたので、ようやく演出家の名前を思い出したが、日本は大抵芝居のちらしって、大々的に演出家の名前って出てるけど、外国は違うのかしら?

続きを読む(やや辛口)
posted by 花梨 at 01:49| Comment(4) | TrackBack(2) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

疲れる日

今日は朝から地元電車が止まり、電車に閉じ込められた。
乗り換え駅で地下鉄に乗ったら、こちらも止まった。
会社に着いたのは9:30…。『風のハルカ』全部見れば良かった。

しかもヘコむ事が起こり、なーんか気分が乗らずに、仕事の進みも悪かった。まぁこんな日もあるわな。

ところが「あ、今日は昼休みにチケット取るんだ!」と思った途端、いきなりスイッチ入る自分。
「今日の夜は『ジキルとハイド』だ!」で、またまた復活。

とことん芝居体質な自分を思い知った。『レ・ミゼラブル』感想、また続き書きます。

※疲れている場合じゃない!週末は「當流小栗判官」、来週は歌舞伎座、「決闘!高田馬場」の再観劇、そして今月一番のイベントが待っている〜♪シャキーン!
posted by 花梨 at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

『レ・ミゼラブル』in 名古屋 3

今日もべっしーは朝ドラに出なかった…。公式のストーリーを見たら、今週は一瞬の登場で、来週が本格的な活躍っぽいが…何か健二さん、どういうこと?そんな展開、イヤすぎちっ(怒った顔)

それにしても感想がまだ一幕途中。当初また別所バルジャン限定感想と、芝居全体の感想とわけようと思いましたが、もう混ぜこぜでいきます。

名古屋に10日という平日遠征をしたのは、10日にかなり見たいキャストが集中していたこと。特に久し振りの駒田さんのテナルディエは楽しみでした。
やはり役に深みがありますね。宿屋の場面も目が釘付け。ベガーズでは、底辺を這いずり回っている男の凄みが出ていて、「怖い」と思った。

あと宿屋でバルジャンにコゼットをこんなに可愛がってたアピールの時、逆さに抱いてぶんぶんするものだから、リトルコゼットちゃんが本気でイヤそうだった。(お客は大笑い)


続きを読む

2006年03月15日

『レ・ミゼラブル』in 名古屋 2

今週は『風のハルカ』に別所さんが出るので、毎朝遅刻ギリギリまでねばってみてます。(あ、BS見れば良いんだ。)木綿子さんが電話したとき、出る?出る?とドキトギしたのは私だけではあるまい(苦笑)

しかしアメリカンな弁護士、イタリアの伊達男、日本の素敵な青木課長(今は支店長だ)、そしてフランスのおじい様と、なんて役の幅の広い人だ。

最初に別所さんのバルジャンを見た、2003年の夏の日。新生レミゼに馴染めないままだった私、岡さんのジャベールをとりあえず見ようと思って行ったら、まさか全くノーチェックだった別所さんのバルジャンに、泣きすぎてハンカチが絞れるほどにはまるとは…。
2005年に再び別所さんのバルジャンに再会し、ナイン、34丁目の奇跡と、別所さんの舞台にのめり込み、今年は再度の別所バルジャン。もう深みにはまって、でられそうにありません。

yayaさんのブログ「レ・ミゼラブルの舞台」が、別所バルジャン祭り、というか別所哲也に萌え萌え祭りとなっています。私も思わず参加〜。


続きを読む

2006年03月14日

ひかりごけ

オフィスコットーネのHP(舞台写真があります) 
THE・ガジラ党 ブログ(舞台写真があります) 

原作:武田泰淳 構成・脚本・演出:鐘下辰男

戦時中、3人の船員とともに、羅臼島沖に遭難した船長の食人事件がテーマ。食人事件といっても別にグロテスクなものではない。(私はホラー及びグロが一切ダメです。)

劇場は下北沢のスズナリ。数年ぶりに訪れたが、無事駅から迷わず行かれた。(スズナリに行こうとすると、道に迷うというジンクスが昔あった。)
風邪で観劇予定が狂ったので、当日券で突発的な観劇。貰ったチケットはD列、150人も入ればいっぱいの劇場に入ると、中央にフラットな舞台。舞台り向こうにも客席。私は手前のブロック。

舞台の上手(私の方からみて)に小さな入り口。そこから役者が出入りし、舞台は洞窟・旅館・法廷と変わっていく。
舞台上の役者は5人。(若松武史・千葉哲也・松田洋治・小高仁・品川徹)
そしてキーワードになる船長の役割がくるくる変わる。

当初この変わる役割に(特に私役の千葉さんと、男役の若松さん)上手くついていけず混乱するが、裁判の場面のはじまり方はハッとした。
老人役の品川さん(TVをよく見る方なら大河内教授でピンとくるかと。)が、凄惨なやり取りがかわされる洞窟で、ひとり別世界。ああ、この人は年老いた船長で、自分の過去をただ見ているのかな、と思う。

仲間の肉を食した船長は、裁きの場に立つ。(この裁判の場の詰問する声が良かった。)
法律に当てはまる罪というなら、これは死体損壊にあたるのか?その罪は観客が考えれば良いということなのだろうか。舞台を挟んだ客席は、真っ白なライトで照らされた。

続きを読む(ちょっとボヤキ入ります)
posted by 花梨 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

『レ・ミゼラブル』in 名古屋 閑話

今日は風邪が治まってきた&何とか仕事を定時でメドつけた…ので、当日券で演劇企画集団THE・ガジラ『ひかりごけ』に行って来ました。
無理して行って良かったです。感想は明日にでも…。(こればっかりじゃ。)

ところで名古屋の『レ・ミゼラブル』でメチャ嬉しいことが!2003年の新生レミゼになってから、一度もお花ゲットが無かったのですが、今回ようやくお花頂きました!
貰ったのは10日マチネ、井料さんからです♪最前列なので期待していたのですが、目の前に来てくれた井料さんが、ちゃんと物欲しげに手を伸ばしているワタシに下さいました。嬉しい〜♪
井料さんは次に私の隣りの方にも、もう一つのお花を渡してくれました。お隣のお嬢さんと、もう大喜びでした!井料さん、本当にありがとうございましたハートたち(複数ハート)

posted by 花梨 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

『レ・ミゼラブル』in 名古屋

別所さんのバルジャンが好きすぎて止まらない〜♪視点が固定カメラのように別所さんに釘付け〜♪
という訳で名古屋から帰ってきました。

10日 マチネ 『レ・ミゼラブル』
11日 マチネ 『レ・ミゼラブル』
11日 17:30  石井一孝 名古屋ライブ

こんなスケジュールです。12日の別所さん楽までやはりいれば良かったな〜。大阪で鈴木綜馬さんのジャベールにかなりハマったので、今回見られず残念。

まだ風邪が治らないので、簡易レポです。

別所さんのバルジャンはやはり深みがあり、何度見ても新しい発見があり素敵です。コゼットへのキス、銀の燭台へのキス、胸に迫ります。
10日は下水道でジャベールと対決する時に、マリウスを肩に担いだまま、何故かがっくりと片膝ついての唄!これははじめて見た〜!
11日は通常通り、最後の照明の下では立っていたのですが、この10日の肩膝状態は無茶苦茶格好良かった!

10日は久々に見る、岡田マリウス、駒田テナ。やはり良いですね。
岡田マリウスのバルジャンの告白を聞いたあとの冷たい態度が、エピローグを引き立てて良かった〜!
剣持さんのコゼットも、意思の強さ、自分の置かれた境遇への苛立ちみたいなものが感じられました。

あと私、昔からアンジョルラスとグランデールの絡みが好きなので、10日の東山アンジョと阿部グランがかなり濃く芝居してくれたのがツボでした。

日生のチケット、増やそうかな…。取り急ぎ本日はこの辺で。
posted by 花梨 at 21:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

『レ・ミゼラブル』を名古屋で堪能

風邪を気合で治し、名古屋に来ています。
中日劇場の最前列はスーパー歌舞伎等で体験済ですが、ミュージカル・つまりオケピのある舞台でははじめて!いやいや、余りのド・迫力にびっくりです。手にしたハンカチがオケビに落ちる?というくらい近い!
なので今日の私は別所さん@バルジャンしか見ていません。至福の時を過ごしました〜。

感想はまた帰宅してから書きます。ああ、名古屋楽しい〜♪(←バカ)

2006年03月09日

明日は〜♪

明日は〜♪といえば、『One Day More ! 』。
明日までに風邪が治りますように…。

なお明日はNHK 13:05〜 『スタジオパークからこんにちは』 ゲストは三谷幸喜さんです。留守録忘れずに!
大河の話題が多いと思いますが、「決闘!高田馬場」の話、出来れば映像も出ると良いなぁ…。
posted by 花梨 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

今晩11時はテレビ観賞

PARCO初日から帰ったあと、何となく喉が痛いな〜とは思っていたのてずが、日曜の国立ぶっ通しで完全に風邪にやられました。週末は名古屋だというのに、何をやっているんだ、自分…。

今月の国立劇場といえば、澤瀉一門。澤瀉一門の美しき女形の一人である、市川春猿さんが、本日PM11:00〜フジテレビ系「タモリのジャポニカロゴス」に出演します。

春猿さん、今月の「當流小栗判官」では、第二部でお駒役で出演してます。97年度上演時はお駒の生首の辺りが、某事件のせいでカットに…。確か家でとっていた新聞でも、カットの件が記事になっていた記憶が。

97年度時の配役を、2月8日の記事に載せています。→ 當世流小栗判官」アレコレ その2
posted by 花梨 at 22:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

「當流小栗判官」初日開幕!

国立劇場での、3月歌舞伎公演「猿之助十八番の内 當世流小栗判官」が本日初日を向かえました!

通しでの観劇は体力がもつか不安だったので、一部のみの予定でしたが、結局後ろ髪引かれてそのまま二部も観劇。久々にぶっ通しで歌舞伎を観ましたが、いや〜おもしろくて、とても満足でした!

スポーツ新聞の記事に、舞台稽古の様子が出てましたが、デイリースポーツは写真付き。

デイリースポーツ

リピート観劇しますので、簡単な感想。(ネタバレ無し)

舞台全体もとても工夫を凝らしています。一部・二部それぞれに口上がつき、粗筋等を判りやすく説明していますが、澤瀉ファンには「どこかで見たことのある説明方法」だけど、効果的で判りやすい!
口上から本舞台への流れもスムーズです。

パルコ劇場で美術・大道具さんの仕事に感嘆しましたが、こちら国立劇場はその舞台機構を生かした、美しく、ダイナミックな美術・大道具に感心。
特に、一部は、春(桜)・夏(朝顔)。二部は秋(紅葉)、冬(雪)と、移り変わる四季は必見です。

そして澤瀉屋の皆さん、かなり力をつけてます。皆さん堂々とした舞台です。随所に猿之助さんのスピリットを感じられ、改めて猿之助さんの復活狂言ものの、筋のおもしろさ、演出の見事さを思い知らされる舞台です。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:57| Comment(12) | TrackBack(4) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。