2006年02月22日

NINAGAWA マクベス

懐かしくなって『NINAGAWA マクベス』パンフを捜索してみた。1987年12月帝国劇場。同じくらいにみた(筈)の『近松心中物語』はよく覚えているのに、こちらはどうもいまひとつ記憶が薄いんだよな〜。栗原小巻が出ていたことは、とてもよく覚えているたのだけど。とりあえずキュストがかなり興味深かったので、書いてみます。
(パンフ探しているうちに蜷川版の『天保十二年のシャイクスピア』のパンフレットに、翻訳家松岡和子さんのコメントがあることを、今更ながらに発見。)

マクベス  津嘉山正種
マクベス夫人  栗原小巻
魔女  嵐徳三郎
バンクォー  瀬下和久  
マクダフ  麦草平(現・壌晴彦)/原田大二郎(ダブルキャスト)
マルカム  菅生隆之
ダンカン  金田龍之介

現在も蜷川さんのお芝居の常連メンバーがずらり。壌晴彦さんはこれが初参加のようです。
驚いたのは菅生さん。この当時はマルカムだったのね〜。ちなみに翻訳は小田島さんのものです。

さあ、明日はりゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ『マクベス』の千秋楽だ!

posted by 花梨 at 00:25| Comment(6) | TrackBack(1) | 芝居・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。