2006年02月18日

seesaaブログ障害中の酒と芝居の日々

seesaaブログ、再びメンテ中だったりして、とても困りました。ブログの移行を考えたりもしたけれど、ログのインポート・エクスポート機能が標準で付いているところは少ないのね。まぁ暫くは様子見です。

国立劇場小劇場 2月文楽公演 〈第二部〉 を見てきました。
演目は「小鍛冶」「曽根崎心中」

近松の心中ものはやはり文楽で見る方が好き。特に有名な天満屋の場、お初の足に、縁の下に潜んだ徳兵衛が死の決意を伝える場面とか、どうも生身の役者で見るとどこか居心地の悪さを感じてしまう。
吉田玉男さんが1月の大坂公演に続いて残念ながら病気休演。代わりは桐竹勘十郎さんでした。

NEC_0038.jpg酒はここのところ飲み過ぎです。神楽坂の「陶友倶楽部」というお店でおでんと焼酎を堪能。神楽坂はぶらぶらすると、趣きのあるお店が多々あるので楽しい♪写真はお店の出し巻き卵。
posted by 花梨 at 23:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。