2006年02月15日

『桜飛沫』ちょっとだけ追記

「見えない」ことで終始してしまった感想。前回の感想はこちら。
(後ろとか、安い席で見切れてしまうなら諦めもつきますが、5列目以内で役者の顔がまるで見えないのはひどすぎ。)ちょっとだけ追記します。

第一部「蟒蛇如」、第二部「桜飛沫」とも、決しておもしろくない訳では無いのだけど、全体的にぬる〜い出来。閉鎖された空間、行き場の無い人たち、それらのやりきれなさ、不気味さがいまひとつ迫って来ない。ちょっと期待しすぎだかなぁ…。
役者はみな良いので、役者とパワーと演出でカバーも可能だと思うが、演出もいまひとつ。
「見えない」ストレスとともに、消化不良な観劇となってしまった。決して致命的に悪い訳ではないだけに歯がゆい。

続きを読む
posted by 花梨 at 23:50| Comment(4) | TrackBack(1) | 芝居・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。