2006年02月05日

『屋根の上のヴァイオリン弾き』 2006年バージョン

2004年より四代目テヴィエとして市村正親さん登場!
自分も1982年の観劇以来(当時の話を05/11/15の記事「長く上演しているミュージカル?」で書いてます。)2004年に久々に見ました。
いや〜!こんなに良いお芝居だったけ?というくらい感動!2004年版は全国をまわったのですが、東京は池袋芸術劇場でハコも小さく、期間も短く、チケットは当然早々に完売。見逃した人も多かったと思います。
そして1月の博多座を経て、2月東京に!キャストがかなり変わったのが不安でしたが、張り切って見に行きました。

結果、2004年版に遠く及ばず(泣)
いや、良かったんだけどね、市村さんとか、駒田さんとか、吉野さんとか。男優陣は素晴らしかったですよ。2004年より確実にレベル・アップ。
だが三姉妹が目を覆いたいくらいレベルダウン。博多で一ヶ月上演してるのだから、もう少し三人とも頑張って欲しかった。
特に次女・ホーデルの剱持たまきさん。新キャストで一番期待していたのだけど(ナインのスパのマドンナが絶品だったので。)、一番期待を裏切ってくれました。ダンス・オブ・ヴァンパイア大丈夫かよ〜?(三女は前回の笹本玲奈ちゃんが凄すぎたので、最初から期待値低かった。)

『屋根の上のヴァイオリン弾き』はミュージカルであるけれど、この芝居に関しては、絶対的に歌唱力より演技力が必要だと思う。もちろん両方兼ね備えているのがベストだけど、なかなか多くを望めないとなれば、今回は演技に重点を置かないとダメ。
その演技がな〜。歌えて、演技も良い玲奈ちゃん偉大だったと痛感。
いや、良い芝居だとは思います。市村さんはじめ、続投組は益々良くなってます。

東宝HP 『屋根の上のヴァイオリン弾き』 

2004年と2006年キャストは以下の通り

 テヴィエ        市村正親
 テヴィエの妻ゴールデ  夏木マリ→浅茅陽子
 長女ツァイテル     香寿たつき→匠ひびき
 次女ホーデル      知念里奈→剱持たまき
 三女チャヴァ      笹本玲奈→安倍麻美
 仕立屋・モーテル    駒田一
 学生・パーチック    杉田あきひろ→吉野圭吾

続きを読む


posted by 花梨 at 23:37| Comment(4) | TrackBack(2) | 芝居・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。