2006年01月22日

新春浅草歌舞伎 昼の部 & 天婦羅堪能♪

前日の大雪の余波で、浅草の道はかなり足元が悪く、商店街の方々が雪掻きをする中、ようやく公会堂にたどり着き、昼の部を見ることが出来ました。

新春浅草歌舞伎が楽しいのは、お芝居のみならず、浅草の道々に貼られたポスター(人力車にも貼ってある!)、劇場の方々の活気、劇場の中と一階部分に出展しているお店での買い物と、テーマパークのように色々楽しめるところだと思う。今日は言問団子を買いました♪

昼の部は案外長く、昼夜の間が短い!続けて見るのはかなり厳しそう。私は昼の部が終わったあとは、友人の先導で浅草をぶらぶら。格安の靴屋などを見たあと、天婦羅を堪能しました。

「天婦羅 江戸っ子」 台東区浅草1−40−7
かきあげ丼と厚焼き玉子とビールでお腹イッパイでした。幸せ〜♪
そして遠征予定を組んだり、チケットの相談をしたり…。とても充実♪


続きを読む(浅草・昼 感想)
posted by 花梨 at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居・古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。